【ポケモンGO】「プロモコード」によるアイテムの引き換え機能が追加 – コードは提携企業のイベントやキャンペーンで入手可能

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

今年に入ってから、コンビニ「セブンイレブン」や、ファミレス「ジョイフル」と提携し、マクドナルドではルアーモジュールコラボイベントを実施しているポケモンGO。

そんなポケモンGOですが、Nianticは公式サイトで、Android版「ポケモンGO」に「プロモコード」によるアイテムの引き換え機能を追加したと発表しています。

スポンサーリンク

プロモコードでゲーム内のアイテムが入手可能

「プロモコード」はセブンイレブンやマクドナルドなど提携企業のイベントやキャンペーンで貰えるコードで、この「プロモコード」をゲーム内で入力することで「モンスターボール」や「ルアーモジュール」、さらに「しあわせタマゴ」などゲーム内アイテムを受け取ることが出来ます。

ゲーム内での「プロモコード」の入力は、メインメニュー内にある「ショップ」の一番下に追加されている「プレゼント」と書かれた入力欄にコードを入力するだけですが、今のところ「プロモコード」が実装されているのはAndroid版のみ

iOS版に同機能が実装されないのには理由があり、実はApp Storeの規約ではゲーム内部以外から入手したコードの入力が禁止されています。これによって昔はよくゲーム誌などに付いていたプロモーションコードがなくなり、あったとしてもAndroid版でしか入力できないようになっているのです。

「パズドラ」や「モンスト」の攻略本や解説本などをプロモーションコード目当てに購入したことのあるユーザーも少なくはないはず。ただこういったプロモーションコードで手に入るゲーム内アイテムを使えばゲーム序盤を有利に進めることが出来るので、一部では「RMT(リアルマネートレード)」と同様に捉えられていることも。

しかし、Nianticは同社が運営するスマホゲーム「Ingress」で、公式サイトにログインしてコードを入力することでiOS版でもプロモーションコードの利用を可能にしているので、今後iOS版の「ポケモンGO」でも同じように「プロモコード」を利用できる環境が公開されると思います。

流石にAndroid版だけの実装となると、iOS版ユーザーから不満が爆発すると思うので、iOS版をプレイしているユーザーは同機能が実装されるまでもう少し待っておきましょう。

ニュースリリース
Pokémon GO – Google Play

Pokémon GO Pokémon GO 1.31.0
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク