Apple Japan、アクセシビリティ機能にフォーカスしたプロモーション動画「Designed for」シリーズの日本語版を7本公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Apple Japanが、昨日、5月18日の「Global Accessibility Awareness Day(国際アクセシビリティ啓発デー)」に合わせて公開された障害者のためのアクセシビリティ機能を特集するプロモーション動画「Designed for」シリーズ7本の日本語字幕版を公開しています。

このプロモーション動画「Designed for」シリーズは、Appleが障害を抱えた人のために開発したアクセシビリティ機能がどのように使われ、どのように役立っているのかを紹介する内容で、今回公開されたのはその日本語版となります。

日本語版では全ての字幕が日本語になっていて、「Designed for」シリーズは全てがアクセシビリティ機能にフォーカスした内容になっているので、気になる動画があれば以下から是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに英語版が観たい人は以下のリンクから視聴することが出来ます。

Ianのためのデザイン — Apple

Ian Mackay氏はアウトドアと野鳥観察の愛好家です。彼はiPhone上で鳥の鳴き声を再生したり、FaceTimeで友だちと話をする時にSiriを使っています。完璧な滝の写真を撮影したい時は、スイッチコントロールを活用しています。

Carlosのためのデザイン — Apple

Carlos Vasquez氏はヘビーメタルバンドDistarticaのリードシンガー、ドラマー、そしてPRマネージャーです。彼はiPhoneのVoiceOverをスクリーンカーテンと一緒に使いながら、ディスプレイを完全に非表示にした状態で配車を依頼したり、写真を撮ったり、自分のバンドのアルバムリリースを世界に発信しています。

Meeraのためのデザイン — Apple

Meeraはサッカーとジョークが大好きなティーンエイジャーです。彼女はiPad上でTouchChatを使って友だちや家族とおしゃべりをしたり、ジョークを飛ばしています。

Andreaのためのデザイン — Apple

看護学生のAndrea Dalzell氏は、障がいを持った人たちのコミュニティに積極的に関わり続けています。彼女はApple Watchを使って車椅子専用のワークアウトを記録したり、レースに勝ったことを友だちに伝えています。

Patrickのためのデザイン — Apple

DJでありプロデューサーでもあるPatrick Lafayette氏は、音楽と美味しい料理への情熱にあふれています。彼は自宅のスタジオではLogic Pro Xと、キッチンではTapTapSeeとVoiceOverを組み合わせて使いながら、自分を思いのままに表現しています。

Toddのためのデザイン — Apple

テクノロジーのコンサルティング企業でCEOを務めるTodd Stabelfeldt氏は、四肢まひのコミュニティの著名なメンバーでもあります。彼はSiriやスイッチコントロール、ホームアプリケーションを使って玄関の鍵を開けたり、自宅の照明を調整したり、パーティー用のプレイリストを作っています。

Shaneのためのデザイン — Apple

Shane Rakowski氏は中学校で吹奏楽や合唱を指導しています。彼女はどんな音も聴き逃さないように、教室で「Made for iPhone」補聴器を使っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク