「iPhone 8」の新たな図面が公開 – 電源ボタンとボリュームボタンが2分割

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先程の記事で、Benjamin Geskin‏(@VenyaGeskin1)氏が「iPhone 8」のダミーユニットのハンズオン動画を公開したことをお伝えしましたが、同氏は新たに「iPhone 8」のものと思われる図面の画像を公開しています。

今回公開された図面に描かれた「iPhone 8」は、おおよそこれまでのリーク情報を反映したものなのですが、大型化されると言われている電源ボタンと、ボリュームボタンにこれまでの情報にはなかった少し気になる変化が描かれています。詳細は以下からどうぞ。

SPONSORED LINK

電源ボタンとボリュームボタンが2分割?

今回Benjamin Geskin氏がTwitter上で公開した「iPhone 8」のものとされる図面は以下の画像。特筆すべきはやはり本体側面に付いている電源ボタンとボリュームダウンボタンが2分割されているという点。

Benjamin Geskin氏は、これ以上の情報をツイートしていないのですが、先日には「iPhone 8」のTouch IDは電源ボタンかディスプレイ内部に内蔵されると明らかにしていたことから、電源ボタンの分割はTouch IDに何か関係があるのかもしれません。

ボリュームボタンの2分割に関しては全くの不明。しかも、ボリュームダウンボタンのみが分割されているというのがより一層謎を深めていますね。

また、デュアルカメラのレンズは現行モデルの横向きから縦向きに変更され、LEDフラッシュはレンズとレンズの間に収まる形に。

さらに、端末のサイズも表記されていて「iPhone 8は」高さは143.58mm、横幅は70.94mm、厚さは7.57mmで、ディスプレイサイズは5.7インチになるとのこと。ちなみに現行モデルとのサイズ比較は以下の通り。

モデル名 高さ 横幅 厚さ ディスプレイサイズ
iPhone 8 143.58mm 70.94mm 7.57mm 5.7インチ
iPhone 7 138.3mm 67.1mm 7.1mm 4.7インチ
iPhone 7 Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm 5.5インチ

「iPhone 8」の端末サイズは「iPhone 7」より大きく、「iPhone 7 Plus」より小さくなっていますが、厚みは「iPhone 7 Plus」よりも厚くなっています。これは、以前から報じられているように「iPhone 8」は前面、背面ともに2.5Dの強化ガラスが採用されるためで、強化ガラスを採用するからには多少分厚くなるのは仕方ないのかもしれませんね。

なお、この図面が本物の「iPhone 8」のものかは不明で、過去には「iPhone 8」には複数のプロトタイプが存在すると報じられたこともあるため、もしかすると今回の図面もプロトタイプのものの可能性も。

ただ、さすがに時期が時期だけに実際の「iPhone 8」のデザインから大きく外れているということはないと思いますがどうなんでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク