Apple、Mac向け公式アプリ「Final Cut Pro 10.3.4」をリリース

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、Mac向け公式アプリ「Final Cut Pro」をアップデートし、いくつかの問題を修正した「Final Cut Pro 10.3.4」をリリースしています。

Final Cut Pro 10.3.4」では、以下の3つの問題が修正されています。

・トリムするためのキーボードショートカットを副ストーリーラインで使用したときの安定性の問題が解決されます
・一部の編集操作により余分なオーディオフェードインが作成されることがある問題が修正されます
・“共有”ダイアログでコーデックの警告が間違って表示されることがある問題が修正されます

なお、「Final Cut Pro」はバージョン10.3でUIが刷新されダークインターフェイスが採用された他、バージョン10.3.3でも多くの新機能が追加されています。

【関連記事】
Apple、Mac向けアプリ「Final Cut Pro 10.3.3」をリリース – 多くの問題が解決し、いくつかの新機能が追加
Apple、いくつかの問題の解決などを含んだ「Final Cut Pro 10.3.2」をリリース!
Apple、ライブラリのアップデートに関する問題を修正するなどした「Final Cut Pro 10.3.1」をリリース!
Apple、「Final Cut Pro 10.3」「Motion 5.3」「Compressor 4.3」をリリース!

Final Cut Pro Final Cut Pro 10.3.4
価格: ¥34,800 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク