「iOS 11」では32bitアプリのサポートが終了 – 将来的には「macOS」でも32bitアプリのサポートを終了へ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、Appleは現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)からカリフォルニア州サンノゼの「McEnery Convention Center」で開催した「WWDC 2017」の基調講演で、「iOS 11」や「macOS High Sierra」などを発表しましたが、以前から予想されていた通り「iOS 11」では32bitのサポートが終了しました。

また、9to5Macによると、Appleは将来的に「macOS」でも32bitアプリのサポートを終了する方向で動いていることが明らかになりました。

スポンサーリンク

App StoreやMac App Storeから近いうちに32bitアプリが消滅へ

本日、Appleが開発者向けにリリースした「iOS 11 beta」では、32bitアプリのサポートが完全に終了。「iOS 11」で32bitアプリを起動しようとするとエラーメッセージが表示されアプリを起動することができません。

「iOS 11」ではApp Storeの検索結果に32bitアプリが表示されないようにもなっているとのこと。

さらに、Appleは「macOS」でも32bitアプリのサポートを終了する方向で動き出しているそうで、本日の「WWDC 2017」で発表された「macOS High Sierra」が32bitアプリをサポートする最後の「macOS」になるとみられています。

2018年1月以降にMac App Storeに新たに提出するアプリは64bitに対応していることが必須となり、2018年6月以降にはアップデートをリリースするのにも64bitへの対応が必要になるそうです。

なお、Mac App Storeでリリースされているアプリは、そのほとんどが64bitに対応していますが中には32bitアプリも一部存在しているので、Mac App Storeでアプリをリリースしている開発者の方は自分のアプリが64bitに対応しているか確認し、まだ対応していない場合は2018年6月までには対応するようにしたほうがいいでしょう。

【関連記事】
Apple、次期macOS「macOS High Sierra」を正式に発表
Apple、iOSの最新バージョン「iOS 11」を正式に発表 – 32bitデバイスのサポートが終了
Apple、開発者向けに「iOS 11 beta」「macOS High Sierra 10.13 beta」など最新OSのベータ版をリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク