「iOS 11」で利用可能!知っておくべきApple純正ファイラーアプリ「Files」の10の機能

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが「WWDC 2017」の基調講演で発表し、今年の秋には一般ユーザー向けにリリースされる予定の「iOS 11」では、新たなApple純正のファイラーアプリ「Files」が利用可能になります。

このApple純正のファイラーアプリ「Files」は、MacのFinderのようにファイルを管理することの出来るファイラーアプリで、特にSplit Viewが利用可能で「iOS 11」ではドラッグ&ドロップもサポートされるiPadシリーズで輝く機能だとみられていますが、今回はそんな「Files」で利用できる便利な10個の機能を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ローカルストレージとクラウドストレージのファイルを一括管理

「Files」ではiOS端末に保存されたローカルファイルと同時に、クラウドストレージに保存されたファイルも一括で管理することが可能。

現在は、まだベータ版なのでiCloud Driveにしかアクセすることが出来ませんが、正式版がリリースされた際にはDropboxやGoogleドライブに保存されたファイルも管理することができるようになるとみられています。

フォルダの中にフォルダを収納可能

MacやPCでは当たり前となっていますが、ファイラーアプリ「Files」を使えばiPhoneやiPadでもフォルダ構造が利用可能に。フォルダの中にフォルダを作って、ファイルを分けて管理することができます。

新しいフォルダを作成するには何もないスペースを長押しするだけ。

グリッドビューとリストビューを切替可能

「Files」ではデフォルトでフォルダやファイルがアイコンで並ぶグリッドビューが採用されていますが、リストビューボタンをタップするだけで簡単にリストビュー表示に変更することが可能。

リストビューではファイルサイズ、更新日時、ダウンロードするためのクラウドマークなど、グリッドビューよりも多くの情報が表示されます。

タグ機能

MacのFinderにも採用されているタグ機能がついにiPhone/iPadにも採用されます。デフォルトで用意されている赤やオレンジの色分けされたタグの他に、ユーザー自身が独自のタグを作成することもできます。

ドラッグ&ドロップ機能

「iOS 11」で最も注目されていると言っても過言ではない「ドラッグ&ドロップ」機能も搭載。ドラッグ&ドロップは同じアプリ内だけではなく、iPadのSplit Viewを使えば別のアプリ間でもファイルのやり取りが出来るようになっています。

当初はiPad限定の機能として発表されていた「ドラッグ&ドロップ」機能ですが、現在開発者向けにリリースされている「iOS 11 beta」ではiPhoneでも利用が可能となっています。

ファイルのプレビュー機能

「Files」では画像やテキストファイル、さらにドキュメントファイルなどのプレビュー表示に対応。各ファイルに対応したアプリがインストールされていれば、ファイルをタップするだけで関連付けられたアプリで開くことができます。

zipファイルが開ける

ついにiPhoneやiPadでもサードパーティ製のアプリを使わずに純正アプリでzipファイルが開けるようになります。ただ、zipファイルの作成には対応していないので、あくまでもzipファイルを開くだけの機能となっています。

検索機能

「Files」アプリ内で直接ファイルを検索することが可能に。わざわざ画面をスクロールしてSpotlight検索を呼び出す必要がなくなります。

ただし、現時点では検索対象の絞り込みやフィルタ機能が搭載されていないので、正式版のリリースまでには搭載されることが望まれています。

ファイルの詳細情報の表示

ファイルをタップして長押しすると、ファイルの詳細情報を表示することが可能。この詳細情報では作成日時、最終更新日時、ファイルタイプ、ファイルサイズ、保存場所などを確認することができます。

スポンサーリンク

ファイルの並び替え機能

「Files」アプリ内を下にスクロールすることでファイルの並び替えオプションが表示。名前、日付、サイズ、タグなどで並び替えることができますが、大きい順や小さい順などの順番を変更するプションは今のところ用意されていません。

ただ、これらの機能はまだベータ版の状態なので「iOS 11」と一緒に正式版がリリースされる頃にはもっと便利になっている可能性もあるので楽しみにしておきましょう。

【関連記事】
「iOS 11 beta」ではiPhoneでもドラッグ&ドロップ機能が利用可能
「iOS 11 beta」と「iOS 10.3.2」のスピード対決 – 「iOS 11」は全体的にモッサリ?
「iOS 11」には「ダークモード」が搭載されていることが判明 – 現時点では期待はずれの新機能
「iOS 11」の100を超える新機能や変更点をまとめて紹介する動画
「WWDC 2017」では発表されなかった「iOS 11」の新機能・変更点まとめ
「iOS 11」では32bitアプリのサポートが終了 – 将来的には「macOS」でも32bitアプリのサポートを終了へ
Apple、iOSの最新バージョン「iOS 11」を正式に発表 – 32bitデバイスのサポートが終了
Apple、開発者向けに「iOS 11 beta」「macOS High Sierra 10.13 beta」など最新OSのベータ版をリリース

[via iPhoneHacks]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク