Apple、iOS/Macアプリは64bit対応が必須になることを正式発表

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日、今年の秋に正式リリースされる「iOS 11」では32bitのサポートが終了し、今後は「macOS」でも32bitのサポートを終了する方向でAppleが動き始めていることをお伝えしましたが、本日改めて正式に発表されました。

Appleは、開発者向けのニュースページを更新し、デベロッパーに対してiOSやMac向けのアプリの64bit対応が必須になることを案内しています。

スポンサーリンク

iOSアプリは今年の秋から、Macアプリは2018年6月から64bit対応が必須

すでに開発者向けにリリースされている「iOS 11」のベータ版では、32bitアプリを起動しようとするとエラーメッセージが表示されアプリを起動することができないように。

「iOS 11」が一般ユーザー向けに正式リリースされるのは今年の秋なので、今秋にリリースされる「iOS 11」以降は32bitアプリのサポートが完全に終了します。

Macアプリに関しては今すぐに32bitのサポートが終了するわけではないものの、2018年1月からは新しくMac App Storeに提出されるアプリの64bit対応が必須に。

その後、2018年6月からは全てのアプリで64bit対応が必須になるそうで、これによって2018年6月以降は32bitアプリを起動することができないので、Mac App Store以外で配布するアプリに関しても64bitに対応することが勧められています。

なお、今年の秋には「iOS 11」と一緒に「macOS High Sierra」がリリースされる予定ですが、同OSが32bitアプリをサポートする最後のmacOSになります。

頻繁にアプリをアップデートしている開発者であればすでに対応を済ましていると思いますが、まだ自分のリリースしているアプリが64bitに対応していない場合は、不測の事態を招かないためにも早めに対応をしておくようにしましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク