au、SIMロック解除の受付条件を一部変更へーー2017年8月から段階的に

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

KDDI(au)が、SIMロック解除の受付条件を一部変更すると発表。SIMロックの解除条件は2017年8月1日から、2017年12月1日にかけて段階的に変更が適用されます。

スポンサーリンク

NTTドコモに続きKDDI(au)でもSIMロック解除条件が大幅に緩和

条件変更の対象となるユーザーや変更後の受付条件、変更の実施時期は以下の通り。

対象ユーザー 変更後のSIMロック解除受付条件 実施時期
分割払いで機種を購入したユーザー 機種購入日から101日目以降より手続きが可能 2017年8月1日
一括払いで機種を購入したユーザー 一括払いの支払確認後より手続きが可能 2017年12月1日

また、2017年12月1日以降は、KDDI(au)の回線を解約済みのユーザーでも、解約日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きが可能。

さらに、分割払いの場合は同回線でSIMロック解除実績があり、前回のSIMロック解除受付日から101日以上が経過している場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロックの解除が可能になります。

2018年1月以降は一括払いで機種代金を支払っていた場合でも、au購入サポートなどの継続利用や継続契約を条件とする機種代金の割り引きを受けている場合、機種購入日から100日以上が経過しないとSIMロックの解除手続きをすることができなくなります。

なお、対応機種は2015年4月23日以降発売の機種とこれまでと変わりありませんが、今回の変更で”契約者本人の購入履歴がある場合のみ”SIMロックの解除を申し込むことができるようになるので注意が必要です。KDDI(au)を利用していてSIMロックの解除を考えている人はコチラから詳細を確認してみてください。

SIMロック解除条件の変更といえば、先月NTTドコモが受付条件の緩和を実施したばかりですが、KDDI(au)もそれに追随する形でほぼ同じ条件が提示されているので、SIMロックを解除してiPhoneなどを使おうと思っている方にとっては追い風ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク