「iOS 11」では3D Touchを使ったマルチタスクが廃止ーー「iPhone 8」に最適化するためか

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

「iOS 10」では画面の左端を強く押し込む(3D Touch)ことでアプリを切り替えるマルチタスク画面を表示することができますが、iDownloadBlog9to5Macによると、現在ベータ版がリリースされている「iOS 11」ではこの機能が早くも廃止されていることが判明しました。

スポンサーリンク

バグではなく「iPhone 8」のベゼルレスデザインへの最適化か

「iOS 10」を搭載した「iPhone 6s」以降の3D Touch対応デバイスでは画面の左端を強く押し込む(3D Touch)ことでアプリスイッチャーを表示してアプリの切り替えが可能でしたが、現在リリースされている「iOS 11 beta」では同機能が廃止

当初はバグで利用できないだけとみられていましたが、Appleのエンジニアの話によると、これは決してバグではなくAppleは意図的に同機能を「iOS 11」で廃止したとのこと。

個人的には全く利用しておらず、実際に利用している人にも会ったことがないのですが、一部のユーザーには評判が良かったようで、押す回数を減らすことでホームボタンの寿命を延ばせることから廃止されるのは”残念”だと言う声も挙がっています。

また、海外メディアの予想では、ベゼル(画面の縁)が極限まで薄くなったベゼルレスデザインが採用される「iPhone 8」への最適化だとみられていて、同機能が「iPhone 8」では上手く機能しなかったことから廃止が決定したと予測されています。

なお、現在リリースされている「iOS 11 beta」はあくまでもベータ版で、実際に「iOS 11」がリリースされた際には同機能が復活している可能性もありますし、設定でオン/オフが出来るようになる可能性も十分に考えられます。

ちなみに、一般ユーザー向けに「iOS 11」の正式版がリリースされるのは今年の秋の予定となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク