「iPhone 8」ではホームボタンが廃止ーー新たなパーツがリーク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

これまで「iPhone 8」の精巧なモックアップ図面ダミーユニットのハンズオン動画などを公開しているリーカーのBenjamin Geskin‏(@VenyaGeskin1)氏が、また「iPhone 8」に関する新たな情報を公開しました。

今回公開されたのはスクリーンブランケットフレームといわれる「iPhone」の大まかなデザインを形作る骨組みに当たる部分のパーツ。そして公開されたパーツからは「iPhone 8」ではホームボタンが廃止される可能性が高いことを確認できます。

スポンサーリンク

「iPhone 7」のフレームと比べるとその違いは明らか

公開された「iPhone 8」のものとされるスクリーンブランケットフレームはFoxconnで撮影されたもので、現行モデルの「iPhone 7」のフレームと比較すると違いは明らか

上下のベゼル部分が狭くなっていて、ほぼ全てがディスプレイ表示領域になっている他、ホームボタン用の切り欠きもなくなっているので、「iPhone 8」ではホームボタンが廃止される可能性が高いのではないでしょうか。

過去にも「iPhone 8」でホームボタンが廃止されるという情報はありましたが、それを裏付けする写真が公開されたのは今回が始めて。

そこで気になるのが指紋認証センサー「Touch ID」の行方。以前から「iPhone 8」の本体背面に搭載される、もしくはディスプレイ内部に埋め込まれると噂されていましたが、最近では有機ELディスプレイ内への埋め込み説が濃厚

正直、本体の背面に搭載されると使いにくいことこの上ないので、背面に搭載するくらいなら廃止してくれたほうが良いのですが、やはり「Touch ID」は便利なのでベストなのはディスプレイ内部へ埋め込まれること。

今のところは無事にディスプレイ内部に埋め込まれる可能性が高そうですが、今後は発売日が近づくに連れてリーク情報も増えてくると思うので、「Touch ID」の行方については注目しておきたいポイントですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク