【注意喚起】ドコモ、au、ソフトバンク、「+675」から始まる不審な国際電話への注意を案内

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社が揃って「+675」から始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話についての注意喚起を行っています。

不審な国際電話は決まって「+675」から始まる番号でかかってくるそうで、着信自体は数秒ですぐに切れるものの間違って折り返してしまうと、相手はパプアニューギニアのため高額な国際電話料金がかかってしまいます。

ちなみに、携帯大手3社のパプアニューギニアとの通話料金は以下の通り。

キャリア 秒数 通話料金
NTTドコモ 30秒 63円
平日の昼間(午前8時~午後7時)は68円
KDDI(au) 30秒 65円
ソフトバンク 30秒 249円

また、これは一種の着信詐欺も兼ねているようで、折り返し電話をかけても数分間の沈黙が続き、その後、一方的に電話を切られてしまうケースが報告されています。

背景には、パプアニューギニアの電話会社と結託した悪質業者がいると考えられており、発生した通話料金の一部がマージンとして、電話会社から業者に支払われるという仕組みのようです。おそらく、電話番号のデータが何らかの形で流出したものと考えられますが、経緯は不明です。
iPhone Mania

こういったことから、知らない番号・国からの国際電話の着信があっても折り返し発信しないほうがいいでしょう。

通常であれば、知らない国際電話に折り返すことは早々ないと思いますが、知り合いが海外に住んでいる場合などは、発信元の国や番号をしっかりと確認して知らない番号にはくれぐれも発信しないように注意してください。

「+675」から始まる不審な国際電話の着信に関するご注意 – NTTドコモ
「+675」から始まる不審な国際電話着信について – KDDI(au)
「+675」から始まる不審な国際電話の着信に関するご注意 – ソフトバンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク