「いろんな漫画家の絵柄で銀魂を描いてみた」など複数の漫画家の絵柄を一人で再現するYouTubeチャンネルが凄い

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

暇つぶしがてらに何気なくYouTubeで面白い動画を漁っていた時に見つけたYouTubeチャンネル「Masataka 氏」。「銀魂」「初音ミク」「キングダム」「カイジ」などを作者の絵柄に合わせるのではなく、あえて別の漫画家の絵柄で描いてみた動画を公開しています。

スポンサーリンク

カイジ×初音ミク、刃牙×キングダム、こち亀×マリオなど様々な漫画家の絵柄で別のマンガを描いてみた

YouTubeチャンネル「Masataka 氏」は、元々マンガキャラクターの書き方講座やゲーム実況をしていたチャンネルですが、最近では様々な漫画家の絵柄で別の漫画家のキャラクターを描くという動画が多く公開されています。

「いろんな漫画家の絵柄で銀魂を描いてみた」という動画では、井上雄彦(スラムダンク)、荒木飛呂彦(ジョジョの奇妙な冒険)、森田まさのり(ろくでなしBLUES、ROOKIES)、増田こうすけ(ギャグマンガ日和)、冨樫義博(HUNTERXHUNTER、幽遊白書)、島本和彦(逆境ナイン)、板垣恵介(グラップラー刃牙)、しげの秀一(頭文字D)、原泰久(キングダム)、るろうに剣心(るろうに剣心)、郷力也(ミナミの帝王)、福本伸行(カイジ、アカギ)、芹沢直樹(猿ロック)、久保帯人(BLEACH)、漫☆画太郎(ババアゾーン)などの絵柄を使って銀魂のキャラクターが描かれています。

また、「ほかの漫画家の絵柄でキングダムのキャラを描いてみた」では、原泰久(キングダム)、井上雄彦(スラムダンク)、板垣恵介(グラップラー刃牙)、宮下あきら(魁!!男塾)、三浦健太郎(ベルセルク)などの絵柄で信や贏政などキングダムのキャラクターが描かれていて、板垣恵介(グラップラー刃牙)の絵柄で描いた信は刃牙に登場しても違和感がないほどの出来栄え。

その他にも、様々な漫画家の絵柄で「初音ミク」を描いてみた動画や、左右対称にデスノートや涼宮ハルヒ、ソードアート・オンラインなどを描いてみた動画も公開されています。

これだけ様々な漫画家の絵柄が登場しますが、全て一人でアナログの手描きで描いているそうで、どれだけマンガを描くのが好きで、これまでどれだけ描いてきたかが伝わる動画になっていますね。

YouTubeチャンネル「Masataka 氏」では他にも、漫画キャラの描き方講座や描いてみた動画が公開されているので気になる方は是非チャンネル登録を!それにしてもペコちゃん×初音ミクのインパクトが凄い…

Masataka 氏 – YouTube

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク