「Apple Watch (第1世代)」の背面カバーが外れてしまう問題の無償修理期間が延長

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macによると、Appleは「Apple Watch (第1世代)」の背面カバーが剥がれてしまう問題に対する対応として、Apple直営店またはApple正規サービスプロバイダでの無償修理期間を3年に延長したことが分かりました。

スポンサーリンク

初代「Apple Watch」の購入から3年以内であれば無償修理を受けることが可能

初代「Apple Watch」の背面カバーが外れてしまう問題は昨年から一部のユーザーによって報告されているもので、以下のツイートのように充電用のパーツが「Apple Watch」本体からゴッソリ外れてしまう問題。

これまでAppleはこの問題が発生している「Apple Watch (第1世代)」に対し、購入日から2年間の無償修理期間を設けていましたが、どうやら無償修理期間が3年間に延長されたようですね。

なお、無償修理の対象は初代「Apple Watch」なので、「Apple Watch (第1世代)」「Apple Watch Sport」「Apple Watch Edition」「Apple Watch Hermès」が対象。

Apple直営店やApple正規サービスプロバイダに持ち込めば無料修理で対応してもらえるはずなので、背面カバーが外れてしまっている人は早めに持ち込んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク