LINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行体験版が発売ーー価格は1万円で予約受付中

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

LINEは今年6月の「LINE CONFERENCE 2017」で詳細を公開した同社初のスマートスピーカー「WAVE」の予約受付を本日から開始しています。予約受付が開始された「WAVE」は先行体験版で、2017年秋に発売予定の正式版よりも安い価格で購入できるので気になる方は要チェックです。

スポンサーリンク

正式版より5,000円も安い「WAVE」の先行体験版の予約受付が開始

LINE初のスマートスピーカー「WAVE」は、リビングやダイニング、ベッドルームなど自宅での使用を想定して設計された初のクラウドAIプラットフォーム「Clova」搭載デバイス。

音声入力でニュース、天気などの生活に必要な情報を教えてもらったり、「LINE MUSIC」の4,000万曲の楽曲を再生したり、その時の雰囲気や気分に合った曲を「WAVE」に選んでもらったり、カレンダーやTo-Doを管理したり、音声コミュニケーションによってカジュアルな会話を楽しむことさえも出来ます。

また、赤外線コントローラーに対応する家電の電源をON/OFFしたりもできる他、「WAVE」を通じた「LINE」のトークメッセージの操作も可能。

音声認識のためのマイクにはコネクサント社の「MEMS Type」が4基搭載。これによって優れたノイズキャンセリングを実現しながら5m離れた音声を拾うことも可能となっています。

スピーカーに低音用20Wウーファー1基、高音用5Wツイータを2基搭載することでフルレンジのステレオサウンドに対応。どこにいてもダイナミックな音質で音楽を楽しむことができます。

本日から予約受付が開始された先行体験版は音楽再生のみに機能が限定されていますが、今秋の正式版「WAVE」リリースと同時にソフトウェア・アップデートが配信され、正式版と同じ機能を利用することが出来るようになるとのこと。

なお、先行体験版の価格は10,000円正式版の価格は15,000円となっているので、購入を考えているのであれば今のうちに購入しておいたほうが絶対にお得。予約はコチラから行うことができるので気になる方はチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク