AnkerからポケモンデザインのモバイルバッテリーやiPhoneケースなど8製品が登場

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

人気のスマホアクセサリブランドAnkerが、ポケモンとコラボしたデザインのモバイルバッテリー5製品、Bluetoothスピーカー1製品、iPhone 7用ケース2製品の販売を開始しています。

スポンサーリンク

Ankerとポケモンがコラボしたスマホアクセサリが登場

本日からAmazonや家電量販店などで販売が開始されたのはモバイルバッテリー「Anker PowerCore サンダー 10000」「Anker PowerCore ファイヤー 10000」「Anker PowerCore フリーザー 10000」「Anker PowerCore ピカチュウ 5200」「Anker PowerCore ヒトカゲ 5200」、Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore ピカチュウ」、iPhone 7用ケース「Anker SlimShell イーブイ (ブラウン・ピンク)」の8製品。

ちなみに、今年はポケモンにとって大きな1年で、2017年7月6日にスマホゲーム「ポケモンGO」がリリースから1周年を迎えた他、TVアニメ「ポケットモンスター」シリーズの公開から20周年を記念した劇場アニメ「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」が2017年7月15日から公開されています。

Anker PowerCore サンダー/ファイヤー/フリーザー 10000

Anker PowerCore サンダー 10000」「Anker PowerCore ファイヤー 10000」「Anker PowerCore フリーザー 10000」は、Amazonの「Amazonランキング大賞2017上半期」のバッテリー・充電器部門で1位を獲得した「Anker PowerCore 10000」がベースのモバイルバッテリー。

白を基調にして伝説のポケモン「サンダー」「ファイヤー」「フリーザー」がデザインされていて、モバイルバッテリー本体のバッテリーインジケーターも各ポケモンに合わせた色に点灯します。

また、それぞれの伝説のポケモンがデザインされたパッケージと持ち運び用のポーチも付属。タマゴ3個分(約180g)の重さしかないのに10000mAh以上と大容量なので「ポケモンGO」を遊ぶ時などに持ち運ぶのにも最適。

価格は2,980円(税込)で、Anker独自技術の「PowerIQ」と「VoltageBoost」も搭載されているので、最大2.4Aで急速充電が可能となっています。

Anker PowerCore ピカチュウ/ヒトカゲ 5200

Anker PowerCore ピカチュウ 5200」「Anker PowerCore ヒトカゲ 5200」は、5200mAhの中容量ながらポケットに入るほどのコンパクトサイズを実現したモバイルバッテリー「Astro E1 5200mAh」に「ピカチュウ」と「ヒトカゲ」のデザインを施したモデル。

コンパクトサイズながら「iPhone 7」なら約2回、「Xperia XZ」なら約1.2回充電することが可能で、こちらにもポケモンオリジナルデザインのトラベルポーチと製品パッケージが付属しています。

価格は2,480円(税込)で、「サンダー」「ファイヤー」「フリーザー」がデザインされた「Anker PowerCore 10000」よりもさらに小さくて軽いので、普段カバンを持ち歩かない人や、カバンの中をかさばらせたくない人には特にオススメです。

Anker SoundCore ピカチュウ

Anker SoundCore ピカチュウ」は「Amazonランキング大賞2017上半期」のポータブルスピーカー部門で1位を獲得した「Anker SoundCore」の「ピカチュウ」モデル。

1回フル充電するだけで一般的なBluetoothスピーカーの2倍以上の約24時間も連続再生可能なのが最大の特徴で、音質も高音域から低音域までのバランスが良く、ペアリング中のiPhoneやiPadからバッテリー残量を確認することもできます。

価格は4,980円(税込)で、ピカチュウが描かれているものの、どんな部屋にでも馴染む落ち着いたブラウンのカラーリングになっているので、ポケモンファンだけでなくBluetoothスピーカーを探していた方にもオススメです。

Anker SlimShell イーブイ

Anker SlimShell イーブイ」は、「iPhone 7」用ケースの「SlimShell」に人気ポケモン「イーブイ」をデザインしたモデルで、大人でも使いやすいように少し落ち着いたブラウンとピンクがベースカラーに採用。

価格は1,980円(税込)で、「iPhone 7」の薄さを損なわないようにスリムかつ軽量なデザインになっていて、ボタン部分には柔らかい素材を採用することでケースを装着したままストレスなくボタン操作ができるようになっています。

スポンサーリンク

「充電(チャージ)は冒険のパートナーだ!!」キャンペーンも実施中

これらの8種類のポケモンデザイン製品の発売を記念して「充電(チャージ)は冒険のパートナーだ!!」キャンペーンも実施中。

キャンペーンではAnker Japanの公式Twitterアカウント(@anker_jp)をフォローして、ハッシュタグ「#充電は冒険のパートナー」を付けて「いっしょにでかけたいポケモンの名前」を投稿したユーザーの中から抽選で10名に、ピカチュウをデザインした冒険の旅のお供にぴったりな「ポケモン キャリーケース」が当たります。応募期間は2017年7月17日(月・祝)~8月20日(日)まで

また、本日2017年7月17日(月・祝)~23日(日)の約1週間限定で、JR新宿駅構内のアルプス広場に合計57種類のでんきタイプポケモンが描かれた8種類の電照シートが特別展示。

この電照シートには「サンダー」「ライコウ」「ボルトロス」「ゼクロム」などの伝説のポケモンから「ピカチュウ」「ビリリダマ」に加え「イシツブテ(アローラのすがた)」など様々なでんきタイプポケモンが描かれています。

さらに、2017年7月21日(金)と22日(土)の2日間は、また2017年7月21日(金)と22日(土)の2日間は、100匹の「ピカチュウ」が集結したスペシャルオブジェ「ピカチュウ充電(チャージ)オブジェ」の展示と特別イベントが開催。

スペシャルオブジェ「ピカチュウ充電(チャージ)オブジェ」やでんきタイプポケモンが描かれた電照シートを撮影し、その場でTwitterプレゼントキャンペーンに参加することで先着400名様に「ピカチュウ エコバッグ」がプレゼントされます。

気になる方はコチラからキャンペーンの詳細を確認してぜひ参加してみてください。

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク