「iOS 10」で搭載されたiPhone純正の写真編集機能「ブリリアンス」が話題にーー写り込んだ影すらも消せる

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨年の9月13日(日本時間9月14日)に正式版がリリースされた「iOS 10」ですが、そんな「iOS 10」で純正の「写真」アプリに搭載された「ブリリアンス」機能が便利だと話題になっています。

写真に写り込んでしまった影ですらササッと修正して消すことが出来る「ブリリアンス」機能とは一体どのような機能なのでしょうか?

スポンサーリンク

「iOS 10」で追加された新たな写真の明るさ編集機能「ブリリアンス」が便利

iOS 10」で純正の「写真」アプリに搭載された「ブリリアンス」機能は、これまでの「ハイライト」や「明るさ」の項目とは一味違う明度の編集機能。

簡潔に説明すると写真の中の色の濃い部分だけを自動で検出して、その部分の明るさだけを調節する機能で、この「ブリリアンス」機能を使えば写真に写り込んだ影だけを簡単に消すことができます。

「ブリリアンス」機能の使い方を解説!誰でも簡単に使える編集機能

「iOS 10」の「ブリリアンス」機能を使う方法は簡単。まずは「写真」アプリで編集したい写真を開き、画面下部にある横棒3つの編集ボタンをタップして、同じ位置に表示される調整ボタンを選択します。

次に表示されたメニューの中から「ライト」をタップ。そしてメニューボタンから「ブリリアンス」を選んであとはゲージを左右に動かして自由にブリリアンスレベルを調整するだけ。

もちろん「ブリリアンス」を調節した上から他の編集を加えることも可能ですし、「ブリリアンス」は写真全体の明るさを均等に編集してくれるので誰でも簡単にそれなりの写真を作ることができます。

スポンサーリンク

あまり写真を撮らないド素人が「ブリリアンス」機能を使って編集してみた

先に断っておきますが、筆者は普段全く写真を撮ることがなく、もちろん写真を編集した経験もほとんどないド素人です。

編集なし

使用した写真は先日撮った「五重塔」の写真ですが、この日は少し雲が多かったので全体的に暗いですね。

ブリリアンスレベルMAX

ブリリアンス」機能で編集したことで全体的に明るさが統一され、未編集では見えづらかった「五重塔」の輪郭がハッキリしました。

ブリリアンス+他の編集機能

さらに、「ブリリアンス」に加え「ハイライト」や「明るさ」などを調整したことで、より「五重塔」の輪郭がハッキリして天気のいい日に撮影したような写真になりました。

このように写真のド素人が適当に編集しただけでもそれなりの写真を作ることができたのでiPhone純正の編集機能は非常に優秀だといえるでしょう。

写真の編集は難しいと思っている方でも直感的に簡単に編集することができますし、編集するのとしないのとでは写真の完成度が大きく違ってくるので一度「写真」アプリでの編集を試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク