「iPhone 8」のデザインはこれで確定!?ーー生産が11月〜12月まで遅れる可能性も

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

DIGITIMESが、Economic Daily Newsのレポートによると、「iPhone 8」と呼ばれている有機ELディスプレイを搭載した次期「iPhone」のプレミアムモデルの生産は11月〜12月まで遅れ、当初の出荷量は極少数になるようだと報じています。

スポンサーリンク

「iPhone 8」など次期「iPhone」シリーズは発売されてからしばらくは入手困難に?

次期「iPhone」シリーズの生産はFoxconn、Pegatron、Wistronの3社が請け負い、「iPhone 8」はFoxconnが95%を生産し、Pegatronがごく一部の生産を、「iPhone 7s」は65%をPegatronが、「iPhone 7s Plus」は主にWistronが生産を担当するとのこと。

この中で、FoxconnとPegatronの歩留まり率がまだ量産を開始できるレベルにまで達していないことから「iPhone 8」の本格生産は11月〜12月まで遅れる可能性があり、生産の遅れから「iPhone 8」の発売当初の出荷台数は極少数の限られた数になるとみられています。

また、その他の4.7インチの「iPhone 7s」や、5.5インチの「iPhone 7s Plus」の生産に関しても1〜2ヶ月程遅れていて、例年より遅い8月に生産が開始される見込みとなっています。

これに対しiPhoneなどのリーク情報でお馴染みのOnLeaks(@OnLeaks)氏は、まだ「iPhone 8」の生産はPVT(生産検証試験)段階にあると報告。

同氏は以前、6月から7月にPVT(生産検証試験)が開始され、9月の発売に向けて8月には量産が開始されると報告していましたが、現段階ではこのスケジュール通りに進んでいるようですね。

スポンサーリンク

海外メディアのForbesが「iPhone 8」の最終デザインのCADを入手したと自信満々に報じる

ForbesはスマホケースデザイナーのNodus社から「iPhone 8」の最終デザインとみられるCAD入手したとして、それを元に作成したデザイン画像を公開。

以下がその画像ですが、これまでの噂通りベゼルレスデザインが採用され、ホームボタンがあった場所には「ファンクションエリア」が搭載。背面のデュアルカメラは縦向きになり、ディスプレイ上部にはフロントカメラの他に各種センサー類も搭載されています。

そして、「iPhone 8」で最も気になる「Touch ID」ですが、Forbesによると電源ボタンに埋め込まれるとのこと。以前にも同じように「Touch ID」が電源ボタンに内蔵されると報じられたことがあるので、「iPhone 8」ではディスプレイ内部にではなく電源ボタンに「Touch ID」が内蔵される可能性が高いのかもしれません。

なお、公開された画像には写っていませんが、Forbesは「iPhone 8」はUSB-Cには対応せず、引き続きLightning端子が採用され、イヤホンジャックも廃止されたまま復活しないと報告しています。

気になる「iPhone 8」の本体価格や発売時期に関しては不明なままですが、個人的にはAppleは例年通り9月の発売に間に合わせてきそうな気がします。流石に価格はここまで高機能となるとハネ上がりそうですが…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク