Googleのストリートビューが宇宙に進出ーー国際宇宙ステーションを探索できるように

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

7月20日、Googleマップで利用できる「ストリートビュー」がついに宇宙にまで進出しました。Googleは「Googleマップ」のストリートビューで「国際宇宙ステーション(ISS)」を探索できるようになったことを発表しています。

スポンサーリンク

ISS内部の様子や宇宙から見た地球がストリートビューで楽しめるように

国際宇宙ステーション(ISS)」は、地上420km上空の宇宙空間に浮かぶ宇宙探検の基地で、相互接続された15個のモジュールによって構成されています。

アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している宇宙ステーションで、地球を約90分で1周、1日で約16周しており、過去16年さまざまな宇宙飛行士が生活し、地球上では行うことができない実験や研究を行っています。

ストリートビュー画像が地球の外で撮影されるというのは今回が初めてのことで、ISSをストリートビューで探索する際にポップアップ表示される注釈の作成も初めての試み。

なお、ISSでは宇宙空間における生活や作業の制約があるため、Googleが普段使っているストリートビュー機材では撮影することができず、 NASAと協力しテキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センター、アラバマ州ハンツビルのマーシャル宇宙飛行センターで研究。

ISSにすでに搭載されている DSLRカメラと機器を使って、無重力環境で画像を収集し、その後、宇宙で静止画を撮影し地球に送られ、それらを貼り合わすことでISSの360度パノラマ画像が完成したそうです。

これまでほとんどの人が見ることができなかった「国際宇宙ステーション(ISS)」の内部や、宇宙から見る地球を家にいながら楽しむことができるのでぜひ一度貴重な映像を見てみてはいかがでしょうか。

スペースビューへようこそ – Google Japan Blog

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク