ミニスーパーファミコンに続き「ミニニンテンドー64」が登場!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

任天堂は今年10月5日に「ミニスーパーファミコン」こと「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を発売する予定ですが、NeoGAFのフォーラムに投稿された情報によって、次は「ミニニンテンドー64」が登場するかもしれないと海外で話題になっています。

スポンサーリンク

任天堂が商標登録を出願!「ニンテンドー64」も小さくなって登場するのか?

NeoGAFのフォーラムの投稿によると、任天堂は欧州連合知的財産庁に対し、7月18日にファミコン、スーパーファミコン、ニンテンドースイッチ、ニンテンドー64のコントローラーに関連する4つの商標登録の出願を提出。

この4つのコントローラーに関する商標登録は全て「通信機械および装置」および「コンシューマービデオゲーム機」に属しており、任天堂は過去にも「ミニスーパーファミコン」の発表前にスーファミのコントローラーに関する商標登録を出願していました。

これらのことから海外では「ミニスーパーファミコン」の次は「ミニニンテンドー64」が登場すると話題になっています。

本当に任天堂が「ミニニンテンドー64」の発売を計画しているかは分かりませんが、ニンテンドー64にも名作と呼ばれるゲームソフトは多いので、発売される可能性は十分に考えられますね。

気になるのは収録されるソフトのラインナップですが、やはり「スーパーマリオ64」や「マリオカート64」は外せないとして、「大乱闘スマッシュブラザーズ64」や「ゼルダの伝説 時のオカリナ」、「星のカービィ64」や「スターフォックス64」などが有力でしょうか。

個人的には昔遊び倒した「ドンキーコング64」「ゴールデンアイ007」「パーフェクトダーク」「風来のシレン2」「カスタムロボ」「オウガバトル64」などが収録されれば最高なのですが…

[via 気になる、記になる…]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク