RSSフィードリーダー「Live Dwango Reader」が利用者の大幅減少で歴史に幕

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、ドワンゴは同社が提供するRSSフィードリーダー「Live Dwango Reader」「LDR Pocket」が2017年8月31日をもってサービス終了となることを発表しました。

同サービスは2014年12月からLINE(旧ライブドア)の「livedoor Reader」を引き継ぐ形で、名称を「Live Dwango Reader」に変更して運営されていました。

スポンサーリンク

LINEからドワンゴに引き継がれたRSSフィードリーダーが利用者の大幅減少で歴史に幕を下ろす

「Live Dwango Reader」はLINE(旧ライブドア)が2006年4月にベータ版を公開し、2014年12月からはドランゴが運営を引き継ぐ形でサービスを開始。

サービス終了の理由は「この数年で利用者も大幅に減少しており、サービスとしての役割を終えたと考え、終了という判断に至りました。」としており、ユーザーのRSS離れも手伝って利用者が激減していたようですね。

Live Dwango Readerは、2014年12月よりLINE株式会社が運営しておりましたlivedoor Readerを引き継ぎ、名称を変更して運営を続けて参りました。
しかし、この数年で利用者も大幅に減少しており、サービスとしての役割を終えたと考え、終了という判断に至りました。
ご愛用頂いている利用者の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解頂きたく存じます。

また、同時にスマートフォン向けの「LDR Pocket」のサービスも終了することが発表されています。

スポンサーリンク

別のRSSフィードリーダーへの移行に向けてフィードリストのバックアップを案内

「Live Dwango Reader」「LDR Pocket」のサービス終了に伴い、ドワンゴはフィードリストのバックアップ/エクスポートの案内。

フィードの移行先サービスとして「Inoreader」「AOL Reader」「Feed Watcher」「Feedly」が紹介されています。

現在「Live Dwango Reader」「LDR Pocket」を利用していて、2017年8月31日以降もRSSフィードリーダーを利用したい方は、コチラからフィードリストのバックアップ/エクスポートの詳細を確認してみてください。

【重要】Live Dwango Reader/LDR Pocketサービス終了のお知らせ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク