エヴァ公式サイトがついに更新「続、そして終。非、そして反。」ーー安野モヨコ描き下ろし「おおきなカブ(株)」も公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

長く沈黙を保ってきたエヴァンゲリオンの公式サイトが本日ついに更新。トップページに新しいイメージボードが1枚追加されました。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の情報が公式サイトで公開されたのは今回が初めてになります。

スポンサーリンク

「続、そして終。非、そして反。」は何を意味するのか…

これまで長らく沈黙を保ってきたエヴァンゲリオンの公式サイトが7月29日未明に更新され、トップページに串田達也氏による1枚のイメージボードが追加されました。

公開されたイメージボードには、青い空、白い雲、そして赤い世界にそびえ立つ電柱が描かれており、「続、そして終。非、そして反。」というメッセージが。

また、画像の下部には「シン・エヴァンゲリオン劇場版」と「鋭意製作中」の文字も書かれていて、同時にエヴァンゲリオンの公式Twitterアカウント公式Facebookページでもカバー画像が変更されています。

さらに、公式サイトの画面下部からアクセスできる英語版のイメージボードには「After that, and THE END. NOT, and ANTI.」のメッセージが。

これ以外のページに更新はなく、「続、そして終。非、そして反。」や「After that, and THE END. NOT, and ANTI.」が何を意味しているのかは分かりませんが「鋭意製作中」と書かれていることから「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の制作は順調に進んでいるようですね。

さらに、株式会社カラーは公式Instagramアカウントを開設。すでに1枚の写真を投稿しています。

スポンサーリンク

庵野秀明とスタジオカラー10年の歩みを描いた、安野モヨコ描き下ろし「おおきなカブ(株)」も公開

「おおきなカブ(株)」は株式会社カラーの10周年を記念して、庵野秀明氏の妻である漫画家の安野モヨコ氏が描き下ろした、庵野秀明氏とスタジオカラー10年の歩みを描いたマンガ。

同作品には庵野秀明氏をモデルにした「おじいさん」や、安野モヨコ氏をモデルにした「おばあさん」、さらに某宮崎監督をモデルにした「超・おじいさん」なども登場しています。

同時に株式会社カラーのYouTube公式チャンネルでは、昨年11月の「株式会社カラー創業10周年記念展」で公開されたアニメ版の「よい子のれきしアニメ おおきなカブ(株)」も公開。

ネット上では「感動した…」「気長に次のカブを待ってます!」「泣いた!」などの声が寄せられているので、気になる方はぜひ以下から視聴してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク