「iPhone 8」のディスプレイは2436×1125ピクセルの5.15インチで決定!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨日の記事では、開発者のSteve T-S(@stroughtonsmith)が、Appleのスマートホームスピーカー「HomePod」のファームウェア内で、赤外線による顔認証機能「Face ID」に関する記述を発見したことを紹介しましたが、ApplrInsiderによると、同氏はさらに同ファームウェア内で「iPhone 8」のディスプレイに関する情報も発見しました。

スポンサーリンク

「iPhone 8」のディスプレイ領域は2436×1125ピクセルの5.15インチで確定か

デベロッパーのSteve T-S(@stroughtonsmith)が、今年12月に発売が予定されている「HomePod」のファームウェア内を調べていたところ、「iPhone 8」のディスプレイ解像度に関する「2436×1125ピクセル」という記述を発見。

この「2436×1125ピクセル」という数値は、今年6月にMacRumorsのアクセスログに記録されていた「375×812ピクセル」のちょうど3倍で、AppleのRetinaディスプレイでは表示をより鮮明にするために2倍から3倍のピクセル数のスケーリングを使っているので「375×812ピクセル」は「2436×1125ピクセル」と同じ端末、つまり「iPhone 8」だとみられています。

また、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏も今年2月に「iPhone 8」のディスプレイサイズは5.8インチになるものの、ディスプレイ下部には0.65インチの新領域「ファンクションエリア」が搭載され、実際に使えるディスプレイ表示領域は5.15インチになると報告していました。

スポンサーリンク

Apple初のスマートホームスピーカー「HomePod」には272×340ディスプレイと1GBのRAMを搭載

ファームウェア内から「iPhone 8」に関する情報が続々と発見されているAppleのSiri搭載スマートホームスピーカー「HomePod」ですが、MacRumorsによると、Avery Magnotti(@citrusui)氏によって搭載RAMやディスプレイサイズが判明しました。

Avery Magnotti(@citrusui)氏が「HomePod」のファームウェア内を調べたところ、「HomePod」の本体上部には272×340ピクセルのディスプレイが搭載され、様々なイルミネーションが表示される他、Siriの起動や音楽の再生/一時停止、ボリュームコントロールなどの操作も可能となっています。

また、「HomePod」には1GBのRAM(メモリ)が搭載され、プロセッサには「A8」チップが搭載されることが明らかになっています。ちなみに「HomePod」はアメリカなどで今年12月に発売予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク