「HomePod」のファームウェアから続々と「iPhone 8」に関する新情報がーー顔認証やステータスバーの分割など

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

「iPhone 8」や「iPhone Edition」と呼ばれている、次期「iPhone」のプレミアムモデルに関する多数の情報が発見されているAppleのスマートスピーカー「HomePod」のファームウェアですが、開発者のSteve T-S(@stroughtonsmith)氏がまた新たな情報を同ファームウェア内に発見したことを報告しています。

スポンサーリンク

「iPhone 8」ではTouch IDが画面に埋め込まれず完全に廃止される可能性が

海外メディアMacRumorsによると、デベロッパーのSteve T-S(@stroughtonsmith)氏は、「iPhone 8」のTouch IDがディスプレイ内に埋め込まれるというコードがどこにもなく、Touch IDが画面内に内蔵される可能性は極めて低いと報告しています。

また、「iPhone 8」では薄いベゼルと全面ディスプレイのデザインが採用されると噂されていますが、画面上部のセンサー類を避けてステータスバーを配置するために、ステータスバーを分割する関連コードも見つかっているそうです。

ステータスバーを分割することで電波強度やBluetooth、バッテリー残量や時間などを左右に分割して表示できるようになり、「iPhone 8」ではこれまでよりも複雑で強力なステータスバーが採用されるとみられています。

さらに、他にも「ホームインジケーター(Home Indicator)」と呼ばれるバーチャルホームボタンに関する記述や、「タップして起動(Tap to Wake)」という機能に関する記述も発見。

バーチャルホームボタン「ホームインジケーター(Home Indicator)」は特定の環境では非表示になることでコンテンツの妨げにならないようになっていて、「タップして起動(Tap to Wake)」ではディスプレイをダブルタップすることでiPhoneのスリープを解除することが出来るとのこと。

スポンサーリンク

「iPhone 8」では指紋認証機能「Touch ID」の代わりに顔認証機能「Face ID」が搭載か

開発者のSteve T-S(@stroughtonsmith)氏は、「HomePod」のファームウェア内にコードネーム「Pearl」と呼ばれている赤外線センサーを利用した顔認証機能に関する記述も発見しています。

7月27日には、Macお宝鑑定団Blogもサプライヤーやアクセサリーメーカーなどの情報筋からの話として、「iPhone 8」には虹彩認証と3次元顔認証を組み合わせた「Face ID」と呼ばれる顔認証機能が搭載される可能性が高いと報道。

また、大手メディアForbesが背面に「Touch ID」を搭載する計画はすでに消滅していると報告していることから、ディスプレイ内部や本体背面に「Touch ID」が搭載される可能性は低く、Appleは指紋認証機能から顔認証機能に乗り換える準備を進めているのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク