もしも「iPhone 8」が中身の見える透明なデザインだったらーー基盤が丸見えのコンセプトデザインが公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

1995年のゲームボーイ、1997年のたまごっち、1988年のiMacと、これまでにも数々の中身の見える透明なデザインが男心をくすぐってきましたが、ドイツのメディアCurvedは、もしも「iPhone 8」が中身の見える透明なデザインだったらというコンセプトイメージを公開しました。

スポンサーリンク

1990年代から多くの人々を魅了してきたスケルトンデザイン

今回の透明な「iPhone 8」のコンセプトイメージを公開したCurvedは、Samsungの「Galaxy S8」やLGの「G6」を改造して透明化しているJerryRigEverything氏に影響を受けて、今回のコンセプトイメージをデザインしたとのこと。

今年9月の発表が予想されている「iPhone 8」では、ワイヤレス充電機能を搭載するために背面パネルが金属製のものからガラス製のものに変更されると言われていますが、公開コンセプトイメージはこの背面パネルのガラスが透明だったらというもの。

iPhoneの背面パネルを透明にすることで、ロジックボードや「A11」チップ、さらに振動でフィードバックを伝える「Taptic Engine」などが丸見えに。

さすがに透明なボディデザインが「iPhone 8」に採用される可能性は限りなく低いと思いますが、機械好き、ガジェット好きにはたまらないデザインになっていますね。

[via iDownloadBlog]
スポンサーリンク

「iPhone 8」のカラーラインナップはどうなる?鏡面デザインの噂も

現行モデルの「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」では「ジェットブラック」「ブラック」「シルバー」「ゴールド」「ローズゴールド」「(PRODUCT)RED」の6色がラインナップされていますが、「iPhone 8」は4色のカラーラインナップになると各メディアやリーカー達が報告。

どの色が廃止されるのかは明らかになっていませんが、少なくとも1色は新しいカラーが追加されるとみられていて、新色は「07」と呼ばれており「初代iPhone (iPhone 2G)」のようなクラシックカラー、もしくは鏡面仕上げのような磨き上げられたデザインになるという情報があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク