ソニー、PS4の「システムソフトウェア バージョン4.50」を本日配信開始! – 外付けHDDの拡張ストレージ化機能などが追加

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、外付けHDDの拡張ストレージ化などが可能になったPS4のアップデート「システムソフトウェア バージョン4.50 “SASUKE(サスケ)”」の情報をお伝えしましたが、ソニーは、同システムソフトウェアアップデートを本日配信することを発表しています。


スポンサーリンク

様々な新機能が追加されたアップデート

「システムソフトウェア バージョン4.50 “SASUKE(サスケ)”」へのアップデートで追加される新機能は下記の通りとなっており、外付けHDDの拡張ストレージ化や「PlayStation VR」のBlu-ray 3Dコンテンツ対応など様々な新機能が追加されています。

スポンサーリンク

PS4「システムソフトウェア バージョン4.50」の主な追加機能

・外付けHDDの拡張ストレージ化
・クイックメニューの操作性を改善
・お知らせのリニューアル
・スクリーンショットをホーム画面や機能画面の背景に設定可能に
・アクティビティーに直接テキストまたはスクリーンショットを投稿可能に
・アクティビティーにアニメ―ションGIFを投稿可能に
・パーティー作成後にパーティーの公開/非公開を変更可能に
・PS VRがBlu-ray 3Dコンテンツに対応

「システムソフトウェア バージョン4.50 “SASUKE(サスケ)”」の目玉となる「外付けHDDの拡張ストレージ化」機能では、PS4と外付けHDDを接続し、拡張ストレージとしてフォーマットすることで、外付けHDDにアプリケーションをインストールしたり、PS4の本体ストレージから外付けハードディスクドライブへのアプリケーションの移動ができるようになります。

PS4へ同時に接続できる拡張ストレージは1つまでで、2台同時に接続しても2つ目の機器はマウントされませんが、拡張ストレージとして使用可能な台数に制限はないので、1台目と2台目のHDDを付け替えながら使用することは可能となっています。

また、今回のソフトウェアアップデートでは「PlayStation 4 Pro」向けに「ブーストモード」が追加されるそうで、同モードでは、可変フレームレートを採用している一部ソフトウェアタイトルにおいてフレームレートを向上させることができるほか、30Hzもしくは60Hzで動作するようプログラミングされているソフトウェアタイトルにおいては、フレームレートが安定するそうで、一部ソフトウェアタイトルでロード時間が短くなる場合もあるとのこと。

なお、この「システムソフトウェア バージョン4.50 “SASUKE(サスケ)”」へのアップデートは本日2017年3月9日に配信が開始されますが、配信開始時間は未定となっていますので、アップデートがダウンロードできない場合は少し時間を置いて試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク