[果たして]PS4のアップデート後の神機能「PCでのリモートプレイ」をMacBookAirで試してみた[快適なのか?]

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

昨日、ついに配信されたPS4の「システムソフトウェア バージョン3.50」
禁断の果実のような新機能の1つ「Wndows/Macでのリモートプレイ」を自前のMacBookAirで試してみました。


スポンサーリンク

これは色々捗らないワケが無い

これまで、PS VitaやPS Vita TVにXperia端末でしかリモートプレイが出来なかったが、とうとうPCに対応したという事で早速、MacBookAir(13inch Mid2013)でプレイしてみました。

まずはMacにアプリをインストール

PS4リモートプレイ Windows® PC : Mac 2016-04-07 00-40-23

まずはじめにMac側にリモートプレイのアプリをインストールしましょう。
コチラからダウンロード。

ちなみに要求されるMacのシステム要件は以下の通り。

次のいずれかのOSがインストールされているパソコン
・OS X Yosemite
・OS X El Capitan
・2.4 GHz Intel Core i5-520M以上のプロセッサ
・40MB以上のストレージ空き容量
・2GB以上のRAM
・USBポート

PS4リモートプレイ のインストール 2016-04-07 00-40-49

インストーラを起動し、使用許諾等を良く読み、指示に従ってインストールを。

インストールされた「PS4 リモートプレイ」アプリを起動するとSony Entertainment Networkのアカウントを要求されるのでサインインIDとパスワードを入力してログイン完了。
まだアカウントを未作成の方はコチラから作成しておきましょう。

スポンサーリンク

さぁ、起動だ。

PS4リモートプレイ 2016-04-07 00-42-22

ログインが完了されれば、画像のような画面が表示される。
DUALSHOCK™4をUSB接続し、準備は完了。「はじめる」ボタンを押しましょう。
最初の接続時にはやや時間がかかるので注意!

PS4リモートプレイ 2016-04-07 21-26-33

起動した。TVやモニター以外で、しかもMacBookAirでこの画面を拝む事になるとは、CS機も素晴らしい進化を遂げつつある。

PS4リモートプレイ 2016-04-07 21-38-12
このスターオーシャン5、MacBookAirで動かしてるんだぜ?とドヤしたい気分になります。

環境設定 2016-04-07 22-00-40
起動時では解像度は標準の540pでややボケたような映り加減だが、解像度やフレームレートの変更は最初の起動前の画面からメニューバーの「PS4 Remote Play」→「環境設定」から設定する事が出来る。

CPUの要件は公式では2.4GHzとされているが、使用したMacBookAirの定格クロック数は1.3GhzでTurbo Boost使用時最大2.6GHzとなっている。
「intel power gadget」を起動してモニターしてみた。

PS4リモートプレイ 2016-04-07 21-56-15

こちらが解像度520pでフレームレートも標準の設定。
真ん中のグラフ「Frequency」を見ると1.3GHz以上がでているのが分かる。

PS4リモートプレイ 2016-04-07 21-58-19

解像度720pでフレームレート「高」の設定。
標準の設定よりもさらにクロック数は上昇している。Turbo Boostを使用しまくりだ。

実際にプレイしてみると遅延も少なく、DUALSHOCK™4の操作に対して、ダイレクトに応じてくれる。
PS4の置いてる部屋以外や出先でも楽しむ事が出来そうです。
何よりこれがあると、布団から出られなくなる気がしてならない。
FPSなどの対人系には少し難があるやもしれません。
興味本位で試してみても気付く神機能っぷりなので是非試してみては?

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02)APPLE MacBook Air (1.6GHz Dual Core i5/13.3インチ/4GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MJVE2J/A

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク