Samsung Display、有機ELディスプレイを増産へ! – 2018年の「iPad」への採用を見越してか

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Samsung Displayが、従来の液晶ディスプレイの生産量を減産し、Appleが2018年の「iPad」に採用することを見越して、有機ELディスプレイを増産している事が明らかになりました。

スポンサーリンク

2018年の「iPad」シリーズには有機ELディスプレイが搭載か

2017年現在、有機ELディスプレイが採用されている「iPad」はありませんが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、2018年に発売される「iPad」シリーズでは、有機ELディスプレイの搭載などを含む「革命的」な変化がもたらされると予測しており、今回の増産はAppleが本格的に「iPad」に有機ELディスプレイを採用することを見越しての増産だとみられています。

また、韓国の地元メディアによると、すでに今年1月からタブレットとラップトップ向けに増産を行っているようで、2017年下半期には従来2,000~2,500万枚だった有機ELディスプレイの生産量を3,000万枚へと増やす見込みとのこと。

なお、Appleも「iPad」への有機ELディスプレイの採用を前向きに検討しており、Samsungが液晶ディスプレイの生産量を減らし、有機ELディスプレイの生産量を増やした背景には、Appleに検討する時間を短くするように迫る狙いもあるのではないかとの見方もあります。

[via iPhone Mania]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク