Apple、Siri搭載スマートスピーカーを「WWDC 2017」で発表へ – すでに製造が開始されている模様

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、現地時間6月5日(日本時間6月6日)から「WWDC 2017」の開催を予定。今年のWWDCでは「iOS 11」などを含む各OSの次期バージョンに加え、新型「iPad」や、新型「Mac」も発表されるとみられています。

さらに、同イベントでは「Amazon Echo」や「Google Home」のライバルデバイスとなるSiriを搭載したApple初のスマートスピーカーも発表されるという噂がありましたが、どうやら本当に「WWDC 2017」で発表される可能性が出てきました。

Bloombergは、事情に詳しい複数の関係者からの話として、AppleのSiri搭載スマートスピーカーは「WWDC 2017」で詳細が発表され、2017年後半にも発売されるようだと報じています。

SPONSORED LINK

噂のSiri搭載スマートスピーカーが今月の「WWDC 2017」で発表へ

このSiri搭載スマートスピーカーは、前述の通り「Amazon Echo」や「Google Home」のライバルとなるスマートホームデバイスですが、Appleのスピーカーにはライバルデバイスとの差別化を図るためにサラウンドサウンドを少ないスピーカーで擬似的に再現するバーチャルサラウンドシステムが搭載され、スマートホームデバイスとしてだけでなくスピーカーとしても非常に優秀なデバイスになるとのこと。

また、Apple製品との連携機能も大きな特徴となっていて、おそらくiPhoneやiPadなどとワイヤレスで繋げることで、手元のApple端末からでもスマートスピーカーを操作できるようになるのではないでしょうか。もちろん「HomeKit」と連携して操作することも可能。

ちなみに、今回の報道によるとすでにAppleはSiri搭載スマートスピーカーの製造を開始。事前の情報通り製造は「AirPods」を生産しているInventecが請け負っているそうで、過去にも報じられていましたがすでにAppleのスタッフは自宅で密かに数ヶ月の間テストを行っているようです。

なお、「WWDC 2017」は現地時間6月5日(日本時間6月6日)から開催され、新製品や各OSの次期バージョンが発表される予定の基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午後2時)から実施。Appleの公式サイトなどではライブストリーミング配信が行われることも発表されていますので、当日は新製品の発表が盛り沢山の基調講演を楽しみましょう。

【関連記事】
「WWDC 2017」では新型の「Mac」「iPad」「Magic Keyboard」が同時に発表か
Apple、今年6月の「WWDC 2017」で「MacBook Pro」や「MacBook」さらに「MacBook Air」の新モデルを発表か
Apple、今年6月の「WWDC 2017」でSiriスピーカーと10.5インチ「iPad Pro」を発表へ
10.5インチの新型「iPad Pro」は3月〜4月に量産が開始されていた!?
「iOS 10.3.3 beta」で12.9インチ「iPad Pro」用の新しい壁紙が追加 – 「WWDC 2017」で新型「iPad Pro」が登場する裏付けか
Apple、報道関係者向けに「WWDC 2017」の招待状を送付 – 次期「iOS」などを現地時間6月5日午前10時から発表へ
Apple、「WWDC 2017」のライブ中継を行うことを発表 – 日本時間6月6日午前2時から

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク