Apple、次期「iPad Pro」と同時に発表する次世代「Smart Keyboard」向けに新たな特許を申請か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、早ければ今年3月にも発表するとみられている次期「iPad Pro」と同時に発表すると思われる次世代「Smart Keyboard」向けに新たな特許を申請していたことが明らかになりました。

スポンサーリンク

シェアキー、検索キー、絵文字キーなどを搭載

これは米国特許商標庁の公開した書類から明らかになったもので、Appleは2016年3月にこの特許を申請しており、この特許に記載されている次世代「Smart Keyboard」とみられるキーボードには、シェアキー、検索キー、絵文字キーなどの新たなキーが搭載されています。

まず、シェアキーはスペースキーの右に配置されており、右側の⌘キーやoptionキーに取って代わる形で搭載されています。

このシェアキーは、その名の通りSNS、メール、印刷などのシェア操作に使われる他、caps lockキーに置き換わる形で配置されている絵文字キーを入力する際にも使われるとのこと。

次にSiriの呼び出しも兼ねている検索キーが、キーボード右上に配置され、この検索キーを押すと設定、カメラ、写真、時計、メッセージ、カレンダー、メモなど、アプリの一覧が表示されるそうで、特定のアプリではブラウザの検索フィールドがポップアップし、GoogleなどWeb上での検索も行えるそうです。

また、この検索キーを複数回押すことでSiriを呼び出すこともでき、Siriへ素早くアクセスすることが出来るとみられています。

さらに、新たなキーボードショートカットも追加されるそうで、どのキーボードでも共通の「⌘+C(Ctlr+C)でコピー」などの他に「⌘+FでFacebook」や「⌘+Mでメール」など独自のショートカットが追加されるとのこと。

なお、Appleが特許を取得したとしても、必ずしもその技術が製品化されるとは限らないのですが、シェアキーや新たなキーボードショートカットは使い勝手が良さそうなのでぜひ実現してほしいものですね。


[via Patently Apple]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク