Astool、ブラウザアプリ「Smooz 1.7.2」をリリース – 起動速度が40%高速化するなど

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Astoolが、App Storeの「BEST OF 2016 今年のベスト」にも選ばれたiPhone/iPad向けの次世代ブラウザアプリ「Smooz」をアップデートし、起動速度が40%高速化した他、様々な新機能を追加した「Smooz 1.7.2」をApp Storeでリリースしました。

スポンサーリンク

Smooz 1.7.2 の新機能

Smooz 1.7.2」では、起動時間の高速化やブックマークのスライド削除、Google Mapsなどの地図サイトでのジェスチャー無効化などが含まれています。

個人的に一番嬉しいアップデートはタブの自動整理の制限時間を”0時間”に設定できるようになったこと。これによって、アプリを再起動する度に全てのタブが自動的に削除されるので、ちょっとした調べ物をした時に一つ一つタブを消す作業をしなくても済むようになります。

長期間に渡り何度も確認するページはSafariで、ちょっとした調べ物や、すぐに消すようなページはサクサク動く「Smooz」で開くようにしたところ非常に快適。タブを一つずつ削除する必要がなくなったので生活のストレスがひとつ減りました。

なお、今回のアップデート内容の詳細は下記の通り。

「Smooz 1.7.2」のアップデート内容

・起動速度を40%高速化しました!知りたいことがあればサクッと調べたいよねと思い、長い時間をかけて改善しました。
・直前に検索した単語に関連するニュース記事を検索画面で表示できるようにしました!まだ実験的な試みです。感想などお聞かせください。
・タブを全て削除するときに、アクティブタブを残すかどうかを選べるようにしました!
・ブックマークをスライドして削除できるようにしました!
・Google画像検索結果ページではスクロール速度を落とすようにしました。スクロール中に画像が開いてしまう問題を解決するためです。
・タブの自動整理の制限時間に0が入れられるようにしました。起動のたびに、タブをすべて消して立ち上げることが可能です。
・文字認識画面でシャッター音がしないようにしました。
・Google Mapsなど地図サイトではジェスチャーを無効化するようにしました。
・「ジェスチャー・スワイプによるタブ切り替えをこのタブのみ無効にする」をジェスチャーのアクションとして選択できるようにしました。ウェブサイトのカルーセル(横スクロールできる画像)の動きとのジェスチャーとバッティングしてしまうことがあるため。

また、「Smooz」のアップデートでは恒例となりつつあるアップデート内容とは全く関係のない今回の開発者の一言がコチラ。

こんにちは!先週からカナダ人のムース(Mustafa)くんがSmooz開発チームにJoinして、さらにチームがパワーアップしました。彼はプログラミングが大好きで、毎日オフィスを出るときに「仕事が楽しくて仕方がない」と言って帰っていきます。会社をつくってよかったなと思うのは、多くの人に使ってもらえるサービスを作ることだけでなく、こうして活き活きと働ける人を一人でも多く増やしていくことが実感できた瞬間だなと思います。

なお、この「Smooz」は次の検索ワードを予測して表示してくれる人工知能、TwitterなどSNSコメントのワンタッチ表示、タブの自動整理など次世代の機能が搭載されているブラウザアプリ。価格は無料で、動作もスムーズなので気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク