スーパーファミコン風「ニンテンドースイッチ」が登場 – 海外ゲーマーがスーファミを完全再現

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

今年3月に発売され、何度も再販がされているものの未だに在庫不足が続いている「ニンテンドースイッチ」。そんな「ニンテンドースイッチ」を往年の名作ゲーム機「スーパーファミコン」風にアレンジした海外ゲーマーが登場しました。

スーパーファミコン風「ニンテンドースイッチ」を隅々まで紹介した画像が公開されているので早速ご紹介。

SPONSORED LINK

「スーパーファミコン」のカラーリングを完全再現

「スーパーファミコン」のカラーリングを完全再現したオリジナルの「ニンテンドースイッチ」を制作したのは韓国のClown TV氏。ニンテンドースイッチ本体だけでなく、2つのジョイコンやドックまでもがスーファミカラーに変貌を遂げています。

ニンテンドースイッチ専用ゲームカードの差込口や、L/Rボタン、ZL/ZRボタンなどの細かい部分までもがスーパーファミコンカラーに。

ジョイコンもスーファミカラーに。ボタンのカラーリングも完璧にスーファミ。

もちろんドックの背面もキッチリとスーパファミコン風になっています。

ジョイコンのグリップにもカラーリングが施されていて、グリップの中央には懐かしのスーパーファミコンマークが。

本体の上部にはスーパーファミコンのロゴが鎮座。Clown TV氏はポップスキンでこのカラーリングを再現したそうですが、このまま販売されても違和感がないほどの完成度ですね。

なお、上記の画像はほんの一部でしかなくコチラのは60枚程の画像が公開されていますので、興味のある方は是非一度見に行ってみてはいかがでしょうか。

現在「ニンテンドースイッチ」には「ネオンブルー/ネオンレッド」と「グレー」の2色がラインナップされていて、公式のマイニンテンドーストアでは「Joy-Con」と「Joy-Conストラップ」のカラーを左右別々にカスタマイズすることができますが、スーパーファミコンカラーのような復刻デザインも是非発売して欲しいですね。

もしも発売されれば個人的には購入したいと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP