ソフトバンク、アップロードにも通信速度制限を適用へ – 最大128kbpsまで低速化

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

ソフトバンクユーザーに悲報です。本日、ソフトバンクは2017年8月31日にアップロード時の通信制御緩和を終了することを発表。

これによって、2017年8月31日以降は通信速度制限時にアップロード時も最大128kbpsまで通信速度が低速化します。

スポンサーリンク

2017年8月31日以降は通信速度制限にかかるとSNSなどへの写真のアップロードが大幅に遅くなるので注意が必要

これまでソフトバンクは4Gサービス提供開始時より、データ定額サービスのデータ容量上限を超えた場合の通信速度制限では、アップロード・ダウンロードともに最大128kbpsまで低速化することとなっていましたが、現在はユーザーの利便性を考えてダウンロード時のみ低速化することに限定。

しかし、ここ最近ではSNSへのファイルアップロードや動画配信などによってデータ量が大幅に増加。これに伴い2017年8月31日をもってダウンロード時のみの低速化を終了し、アップロード時も最大128kbpsまで低速化することが発表されました。

ちなみに、この変更はスマートフォンなどの「データ定額 5GB/20GB/30GB」や、Pocket WiFiなどの「4G/LTEデータし放題フラット」を含むデータ量の上限値がある全てのサービスで例外なく適用されるので、日頃から通信制限によく引っかかるユーザーは2017年8月31日以降は少し注意したほうがいいかもしれませんね。

なお、同時にY!mobileでも同様の発表が行われており、こちらも例外なく全てのプランで2017年8月31日以降は変更が適用となります。

アップロード時の通信制御緩和を終了 – ソフトバンク(SoftBank)
アップロード時の通信制御緩和の終了について – ワイモバイル(Y!mobile)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク