【接続料は】ソフトバンク、格安スマホ向け回線料の3割超引き下げを検討!【ドコモ並みに】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本経済新聞によると、ソフトバンクが、格安スマホ事業者に貸し出す通信回線の接続料金を2017年4月から3割超引き下げる検討をしていることが明らかになりました。

スポンサーリンク

価格競争の火付け役となるか

格安スマホの事業者は携帯大手から回線を借りて通話やデータ通信のサービスを展開していますが、現在はNTTドコモが携帯電話大手3社のなかで最も接続料が安く、格安スマホ事業者の需要をほぼ独占しているとのこと。

しかし、ソフトバンクがNTTドコモ並みに値下げすることで選択肢が増え、スマートフォンの料金競争に拍車がかかると見られています。

接続料は携帯大手3社が総務省の計算式に従いそれぞれ決めていますが、設備コストの見積もり方の違いなどで接続料が異なり、NTTドコモの回線が割安なため、格安スマホの事業者が利用するのは実質的に同社の回線に限られていましたが、ソフトバンクは「ドコモと同等まで値下げする」方針で、下げ幅は3割超となる見込みとなっています。

なお、ソフトバンクが値下げすればKDDIも追随を迫られるのは必至で、今回の値下げは価格競争の火付け役となる可能性があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク