【ランニングに】SoundPEATSのスポーツ仕様Bluetoothイヤホン「Q11」レビュー【最適なフィット感】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

低価格で高品質なBluetoothヘッドセットなどを販売している「SoundPEATS」から、スポーツ仕様Bluetoothイヤホン「Q11」を提供していただいたので早速レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポーツに最適なBluetoothイヤホン

今回提供していただいた「Q11」は、18.5gの超軽量な本体と、独自のイヤーフック、ケーブルなどに使われている柔らかい素材のおかげで、イヤホンを気にすることなくスポーツに集中することが出来ます。
また、防水・防滴機能が搭載されているので、汗を気にすることもなく運動に集中することが出来るようになっています。

soundpeats-q11_01

同梱品は以下の通りで、残念ながら説明書は日本語に対応していません。

・「Q11」本体
・ミュージック用イヤーピース3種類
・スポーツ用イヤーピース2種類
・充電用MicroUSBケーブル
・専用ケース
・ケーブルクリップ
・ケーブル結束用のパーツ
・説明書(日本語非対応)

soundpeats-q11_05

Q11」には、ミュージック用イヤーピース3種類、スポーツ用イヤーピース2種類が付属しており、用途、耳のサイズに合わせて付け替えることができるので、自分にあったイヤーピースを別に購入する必要もありません。

soundpeats-q11_03

こちらが「Q11」の本体で、右のイヤホンには充電用のMicroUSBポートが搭載されており、充電中や電源のオン・オフ時に光るインジケーターも搭載されています。

soundpeats-q11_04

ボリュームアップボタン(先送り)、メインボタン(電源ON/OFF、再生/停止)、ボリュームダウンボタン(前戻し)などは、ハウジング部分との一体化ではなく、ケーブルの途中にあるパネルにまとめられており、マイクもパネルの裏側に搭載されています。

ハウジング部分とは別にすることによって操作性は向上しているのですが、コントロール部分の突起が少ないため、慣れるまでは+と−ボタンを間違えて押してしまうことが良くあります。

soundpeats-q11_02

こちらが専用ケースで、よくあるケースですが、意外としっかりしているので持ち運びにも安心です。

Bluetoothプロファイルは、A2DP/AVRCP/HSP/HFPの4つのプロファイルが搭載されているので、音質、音声の制御、通話、ハンズフリー通話が可能となっています。

音質については数時間しか使用していないので、これから音が変わってくる可能性がありますが、今のところは結構なドンシャリで、どちらかと言うと低音域よりも高音域が強く出ています。

これは、日頃聴いている音楽によって評価が変わってくるかもしれませんが、飛び抜けて音質がいいわけでもなく、かと言って悪いわけでもないので、スポーツ仕様のBluetoothイヤホンとしては十分に妥協点であると思います。

また、スポーツの際はテンションを上げたいと思いますので、高音域が強調されたドンシャリは相性がいいのかもしれません。

スポーツ仕様のBluetoothイヤホンながら、思ったよりも音質がしっかりしており、軽量でフィット感もよく、コストパフォーマンスも非常に高いので、ランニングなどのスポーツ用のイヤホンを探している方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク