【クリアな】SoundPEATSのカナル型イヤホン「SoundSOUL 改良版 M10」レビュー【ドンシャリ】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

イヤホンやBluetoothヘッドセットなどを販売する「SoundPEATS」から、高音質なカナル型イヤホン「SoundSOUL 改良版 M10」を提供していただけたので、早速レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

クリアなドンシャリ

soundsoul-m10_03
「SoundSOUL 改良版 M10」の内容物は、M10本体、キャリングポーチ、イヤーピース(L/M/S)、クリップ、説明書となっており、キャリングポーチは小さいながらもハードケースなので収納や持ち運びに役立ちます。

soundsoul-m10_04
イヤーピースは3種類付いているのですが、一番小さいSサイズのものでも少し大きめなので、耳の穴が小さい人は長時間つけていると耳が痛くなるかもしれません。
ですが、イヤーピースは付属の物以外でも付け替えることができるので、別のイヤーピースを購入すれば自分の耳に合ったものをつけることが出来ます。

soundsoul-m10_05
こちらがM10の本体ですが、アルミの削りだしで作られており、メタルハウジングの機構で振動を抑え、人工音を排除する「アイソレーション機能」が搭載されています。

イヤホンの中央部分にはマイクと操作ボタンが付いて、下記の操作が可能となっています。

・1回押し:再生/停止/通話
・2回押し:曲送り
・3回押し:曲戻し

肝心の音質ですが、低音域が強調されている、所謂「ドンシャリ」系の音質で、個人的には大好きな音ですが、人によっては中音域が少し弱いと感じるかもしれません。
しかし、ドンシャリながらもクリアな音質で、バランスよく音が鳴りますし、ギターやベースなどの「演奏音」が気持ちいいほどよく鳴るので、その辺りを重視して音楽を聞く方には非常にオススメのイヤホンとなっています。

また、M10はイヤピース部分とイヤホン本体の幅がフラットな構造になっているので、シュア掛けと非常に相性がよく、耳の奥までイヤホンを押しこむことが出来ます。

この価格で、この音質は非常に満足できる製品で、ケーブルが絡みにくいフラットケーブルになっているのも高評価です。

一つだけマイナスポイントを挙げるとすれば、イヤホンの右と左が分かりにくいという点だけで、それを除けば非常に満足できるイヤホンとなっており、音質に関しても1万円程度のイヤホンとなら比べても遜色がないので、イヤホンの購入をお考えの方は、コストパフォーマンスが抜群な「SoundSOUL 改良版 M10」の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク