Apple、ロボット、ドローン、楽器を制御できるiPad向けアプリ「Swift Playgrounds 1.5」を発表

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、iPad向けのプログラミングアプリ「Swift Playgrounds」にロボット、ドローン、楽器を使用してプログラミングを学べる革新的な手法を追加した「Swift Playgrounds 1.5」を発表2017年6月5日(月)にリリースされ無料でダウンロードすることが可能になります。

SPONSORED LINK

ロボット、ドローン、楽器を使うことで、子どもでも楽しみながらプログラミングを学ぶことが可能に

「Swift Playgrounds」は、昨年開催された「WWDC 2016」で発表されたプログラミングアプリ。今回リリースが予告された「Swift Playgrounds 1.5」では、アプリから簡単にBluetooth利用してロボットに接続することが可能になります。

これにより、人気の「LEGO MINDSTORMS EV3」「Sphero SPRK+」「Parrot」などのロボットやドローンを子どもでも簡単にプログラミングし、楽しみながら開発言語を学ぶことが出来るのだそうです。

ちなみに、今回Appleが発表した「Swift Playgrounds 1.5」で対応するロボット、ドローン、楽器は以下の6つ。

LEGO MINDSTORMS Education EV3

プログラミングが出来るLEGOロボットシリーズ。様々な動きをプログラミング可能。

Sphero SPRK+

人気のロボットボール。加速する速度、色、障害物に当たったときの動きなどを制御可能。

Parrot’s Mambo

実際に飛ばすことの出来るミニドローン。各種動きをプログラミングで制御可能。

UBTECH’s Jimu Robot MeeBot Kit

ミニロボットの製作キット。完成したミニロボットは歩かせたり、ウェーブさせたり、ダンスさせることが可能。

Dash by Wonder Workshop

プログラムの基礎的なコーディングを学ぶことが出来るロボット。

Skoog

「Swift」のコードで音楽を演奏できるキューブ型の楽器。

なお、本来であればこういった発表は「WWDC」で行われるのが通例となっているのですが、先程お伝えしたApp Storeを通じた開発者の累計収益が700億ドル(約7.8兆円)を突破した発表に続き、プレスリリースのみでの発表となったのは「WWDC 2017」ではこういった情報を発表する時間がない程、新製品のプレゼンに時間が使われるからなのかもしれません。

なお、数々の新製品が発表されるとみられる「WWDC 2017」の基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催が予定。当日はAppleの公式サイトなどでライブストリーミング配信が行われ、誰でもリアルタイムで発表の様子を見ることができようになっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク