【Apple】「WWDC 2015」で放映されたiOSアプリのプロモーション映像「The App Effect」の日本語字幕版が公開!【7年で1,000億】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

「WWDC 2015」の基調講演で放映されたiOSアプリのプロモーション映像「The App Effect」の日本語字幕版「アプリケーションがもたらすもの」が公開されました。

SPONSORED LINK

「アプリケーションがもたらすもの」では、App Storeの利用状況や、アプリケーション開発者のコメントなどが紹介されています。

以下の動画は英語版の映像となっており、日本語字幕版はコチラで公開されています。

App Storeが登場したのは2008年に「iPhone 3G」が発売された時で、それからたった7年の間にダウンロード数が1,000億回と突破したことになります。

動画時間は6分15秒で、映像作品としても綺麗な動画となっていますので、興味がある方は是非ご覧ください。

[via iをありがとう]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP