「tvOS 11」を搭載した「Apple TV」は「AirPods」と自動的にペアリング

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日の記事で、Appleが「WWDC 2017」の基調講演で発表した「tvOS 11」にはホーム画面の同期機能や自動ダークモード切り替え機能が搭載されることをお伝えしましたが、9to5Macによると、「tvOS 11」では「Apple TV」と「AirPods」が自動的にペアリングされる仕様に変更されていることが分かりました。

SPONSORED LINK

iPhone、iPad、Apple Watchと同じようにApple TVでも「AirPods」が自動的にペアリング

これまでiPhone、iPad、Apple WatchではiCloudアカウントを共有しているので「AirPods」が自動的にペアリングされる仕様になっていましたが、「tvOS 11」からはApple TVでもiCloudアカウントを共有。

これによって「tvOS 11」を搭載した「Apple TV」では、iCloudアカウントを介して「AirPods」と自動的にペアリングするオプションが追加されました。

ただ、「tvOS 11」で登録できるiCloudアカウントは一つのみとなっているので、複数の「AirPods」を登録して音声を共有することはできないようで、この辺りの仕様は正式版の「tvOS 11」がリリースされるまでに改善されることを祈りたいですね。

ちなみに、現在リリースされている「tvOS 10」までを搭載した「Apple TV」では、「AirPods」のケースのボタンを押し、「Apple TV」が「AirPods」をBluetoothスピーカーとして認識した後にペアリングする必要がありました。

なお、すでに「tvOS 11」は開発者向けにベータ版がリリースされていて、近日中には「iOS 11」や「macOS High Sierra」と同じようにパブリックベータ版がリリースされる予定となっています。

【関連記事】
「tvOS 11」にはホーム画面の同期機能や自動ダークモード切り替え機能が搭載
Apple、「tvOS」向けに「Amazonプライム・ビデオ」アプリが配信されることを発表
Apple、開発者向けに「iOS 11 beta」「macOS High Sierra 10.13 beta」など最新OSのベータ版をリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク