Mac向けTwitterクライアントアプリ「Tweetbot」がアップデート – DMへの画像添付機能やユーザー名をカウントしない新リプライに対応

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Tapbotsが、Mac向けのTwitterクライアントアプリ「Tweetbot for Twitter」をアップデートし、DM(ダイレクトメッセージ)への画像添付機能やユーザー名をカウントしない新リプライに対応した「Tweetbot for Twitter 2.5をMac App Storeでリリースしています。

スポンサーリンク

「Tweetbot for Mac」も新仕様のリプライに対応

Tweetbot for Twitter 2.5」でのアップデート内容は下記の通りで、いくつかの問題の修正に加え、DM(ダイレクトメッセージ)への画像添付機能やユーザー名をカウントしない新リプライが利用可能になっています。

スポンサーリンク

Tweetbot for Twitter 2.5 の新機能

・Very recently Twitter added new API to allow sending of images via DM and now you can too
・When replying to a Tweet the names of the users you are replying to no longer count against the 140 character limit
・Ability to do a “Classic” reply, just hold control while clicking on the reply button. Note in this mode all user names still count towards the 140 character limit.
・Fixes an issue where fullscreen Tweetbot window may not have resized when screen resolution changed.
・Fixes a potential crasher when viewing collections for a user that had a large number of collections.
・Fixes an issue in tweet detail view where multiple image tweets the first and second images would be below the 3rd and 4th.

これまでMac版の「Tweetbot」では、DM(ダイレクトメッセージ)で画像を送信する事ができず非常に不便でしたが、今回のアップデートにより画像を添付し送信することが出来るようになりました。

Mac版の「Tweetbot」でDM(ダイレクトメッセージ)に画像を添付する方法は、メッセージ入力欄の左にあるカメラアイコンをクリックするだけで、通常の画像に加えGIF動画も添付することが出来ます。

また、新たに返信相手のユーザー名を140文字の文字数制限にカウントしない新しい仕様のリプライにも対応していて、リプライ画面の上部にある”Replying to”からリプライするユーザーを追加することも可能。

さらに、「Control」キーを押しながらリプライボタンをクリックすることで、ユーザー名を140文字にカウントする旧仕様のリプライを利用することもでき、ユーザーが好きな方のリプライを選択して利用することが出来るようになっています。

なお、先日のアップデートでiOS版の「Tweetbot」もユーザー名を140文字の文字数制限にカウントしない新しい仕様のリプライに対応していて、アップデートしてもこれらの機能が利用できない場合は一度アプリを削除してから再インストールしてほしいと案内されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク