Twitter、DM(ダイレクトメッセージ)の仕様を変更 – フォロー外のDMは「リクエスト」タブに表示

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Twitterが、DM(ダイレクトメッセージ)の仕様を変更し、今後、フォロー外のユーザーから届いたダイレクトメッセージは「リクエスト」タブ内に表示されるようになることを発表しました。

これまで「全ユーザーからメッセージを受信」設定をオンにしている状態でフォローしていないアカウントから届いたダイレクトメッセージは、フォローしているアカウントから届いたダイレクトメッセージと同じ「メッセージ」タブに表示されていましたが、仕様変更後は新たに追加される「リクエスト」に表示されるようになります。

この「リクエスト」はダイレクトメッセージを表示する「メッセージ」タブ内に追加され、フォローしていないアカウントによって追加されたグループ会話も「リクエスト」に表示されるとのこと。

「リクエスト」に届いたフォロー外からのダイレクトメッセージは、メッセージを削除するか許可するかを選ぶことができ、メッセージを許可することで始めてダイレクトメッセージの受信欄に移動します。

また、フォロー外のアカウントから「リクエスト」に届いたメッセージは読んでも既読が通知されず、メッセージを許可するまでは送られてきた画像などのメディアは表示されませんが「メディアを表示」クリックまたはタップすることで表示することも可能となっています。

なお、このDM(ダイレクトメッセージ)の仕様変更は、iOS版の公式アプリ、Android版の公式アプリ、ウェブ版のTwitterのみで実施され、順次提供が開始される予定となっています。

Twitter Twitter 6.79.1
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク