Twitter、新たな「ミュート機能」をタイムラインにも拡大! – ミュート期間は「1日」「1週間」「1ヶ月」「永久に」から選択可能

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨年11月の記事で、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含む自分宛ての@ツイートの通知をミュートすることの出来る新たな「ミュート機能」を発表したとお伝えしましたが、本日、Twitterは、この新たな「ミュート機能」をタイムラインにも拡大することを発表しています。

スポンサーリンク

ミュート期間は4種類から選択が可能

この新たな「ミュート機能」は、これまで通知にだけ適用され、タイムラインや検索には適用されていませんでしたが、今後はタイムラインでもミュートを行えるようになり、ミュート期間も「1日」「1週間」「1ヶ月」「永久に」から選択することが可能となっています。

また、プロフィールページに画像が設定されていなかったり、メールアドレスや電話番号の認証がなされていないアカウントなど、特定のタイプのアカウントからの通知の受け取りをフィルターできる選択肢も追加されるそうです。

さらに、報告プロセスの透明性とオープン性も改善し、自分または他のアカウントが受けた嫌がらせアカウントやツイートに関する報告に対し、Twitterからも連絡を返すようにするそうで、この連絡はTwitterアプリの通知タブ上で確認することが出来るそうです。

なお、これらの機能は今後順次提供を開始する予定となっているとのこと。

安全のための最新の改善点 – Twitter Blogs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク