【大切な瞬間を】Twitter、画像に説明を加えることができるようになったことを発表!【より多くの方に】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Twitterが、視力が弱い方にも画像の内容を伝えられるように、画像に説明を加えることができるようになったことを発表しています。

スポンサーリンク

説明書きは最長420文字まで入力可能

この機能は、Twitterのアプリの「アクセシビリティ」設定にある「画像の説明を追加」をオンにすることで利用できるようになります。

「画像の説明を追加」をオンにすることで、ツイートに画像を添付する際、各サムネイル部分に「説明を追加」ボタンが表示され、タップすることで画像の説明を追加することが出来ます。

また、視力が弱い方々がテキストを読み上げてくれるような補助技術アプリ利用すると、この画像の説明テキストも読み上げられるようになり、画像についての情報も得ることができるとのこと。

なお、画像の説明書きは最長420文字まで入力することが可能となっています。

より多くの方に画像をお届けするために

価格: 無料 (記事執筆時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
App Storeでダウンロードする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク