Twitter、キャッシュファイルの確認や削除が可能になった公式アプリ「Twitter 6.73.2」をリリース!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Twitterが、iOS向けの公式アプリをアップデートし、保存されたキャッシュファイルの確認や削除が可能になった「Twitter 6.73.2」をリリースしています。

スポンサーリンク

Twitter 6.73.2 の新機能

Twitter 6.73.2」では、保存されたキャッシュファイルの確認や削除が可能になっており、確認や削除をするにはまずは「プロフィール」タブの設定アイコンから「設定」にアクセスします。

「設定」の「基本設定」という項目の中にある「ストレージ」をタップすることで、保存されているキャッシュファイルの容量が表示され、それぞれの項目をタップすることでキャッシュファイルを削除することが可能となっています。

なお、この機能は「Twitter 6.73.1」でリリースされましたが、アプリが起動時にクラッシュ問題が発生していたため、それを修正した「Twitter 6.73.2」がリリースされました。

また、同機能は「Twitter 6.73.1」では「設定 → データ利用設定」にありましたが、アップデート後は新たに「ストレージ」という項目が用意され、そちらに移動しています。

Twitter Twitter 6.73.2
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク