Twitter、データ利用量を最小限にし読み込み速度をアップさせた「Twitter Lite」の提供を開始

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Twitterが、理想的ではない通信環境でもTwitterをできるだけ快適に出来るように、データ利用量を最小限にし、読み込み速度をアップさせ、不安定なネットワークでも利用しやすくし、デバイス上の容量も1MB以下に抑えるように設計した「Twitter Lite」を発表しています。

スポンサーリンク

不安定なネットワークでも利用できる軽量版のTwitter

Twitter Lite」は、起動時や利用時の読み込み速度も最大30%向上していて、Twitterの基本的な機能であるタイムライン、ツイート、ダイレクトメッセージ、トレンド、プロフィール、画像などのアップロード、通知なども搭載しています。

これは、2016年末にスマートフォンからの通信数が38億件に達した一方で、45%のモバイルユーザーがまだ2Gの通信速度を利用していることから提供が開始され、ネットワークのスピードが遅かったり、デバイスが容量不足だったりしても快適にTwitterを利用できるように軽量に設計されているとのこと。

また、モバイルのデータ量をより軽減するためにデータ節減モードも追加されていて、節減モードではまず画像や動画をプレビューで表示し、見たい画像や動画だけをフルで読み込むことが出来るので最大70%のデータ量を軽減でき、モバイルデータが高額になってしまう地域でもTwitterを気軽に利用することができます。

AndroidのGoogle Chromeで「Twitter Lite」を利用する場合にはさらに追加機能があり、プッシュ通知を利用、Twitter上で何が起きているかを知ることができるようになった他、インターネット接続が一時的に切断されても大丈夫なようにオフラインサポートも搭載されていて、「Twitter Lite」をホームスクリーンに追加すれば、1タップするだけでTwitterを起動することも可能になります。

なお、この「Twitter Lite」へは、スマートフォンまたはタブレットからmobile.twitter.comにアクセスすることで利用可能で、本日から順次提供が開始される予定となっています。

Twitter Lite(スマホ/タブレット限定)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク