Microsoft、「Visual Studio for Mac」を正式にリリース

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、Microsoftが開発者向けに開催していたイベント「Build 2017」で、Visual Studio for Mac」を正式リリースしたことを発表しました。

SPONSORED LINK

移植ではなく独自開発の「Visual Studio」

「Visual Studio for Mac」は「Visual Studio」をMac向けに移植したのではなく、iOS/macOS/watchOS/Android向けアプリを開発するためのクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin Studio」をベースに独自開発されたコードエディター。

「Xamarin」でMac/iOS/Android向けのネイティブアプリを、「.NET Core」を利用してWebアプリを開発できる他、「Unity」でのゲーム開発も可能。

Mac向けに「Xamarin Studio」をベースにして独自開発されたということで、ネイティブでMacに対応しているので「Visual Studio」の開発環境に慣れている方はようやくMacでも開発環境を整えることができます。

なお、すでにダウンロードが可能で、「Visual Studio for Mac」を5月17日までにダウンロードすると、60日間「Xamarin University」に無料でアクセスできる権利がついてくるので、気になる方はお早めのダウンロードをオススメします。ダウンロードはコチラからどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP