Apple、アップデート時に文鎮化する問題が発生している「watchOS 3.1.1」の配信を停止!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsによると、Appleが、昨日リリースしたばかりの「watchOS 3.1.1」を、アップデート時に文鎮化する問題が発生しているとして配信を停止しています。

スポンサーリンク

近いうちに修正版がリリースされる予定

この問題は「watchOS 3.1.1」へのアップデート時にエラーが発生し、赤い「!」が表示されたまま文鎮化してしまうというもので、Appleはサポートページで、サイドボタンとデジタルクラウンの両方をAppleのロゴが表示されるまで10秒以上押し続け、強制再起動を行うように案内していますが、それでも問題が解決しないという人が続出していました。

また、強制的に再起動しても問題が解決しない場合は修理が必要になるためAppleに問い合わせてほしいとも案内されています。

なお、この問題は「Apple Watch Series 2」でのみ発生しており、Appleがアップデートの配信を停止したということは、問題を認識しているということのなので、今後この問題を修正したアップデートがリリースされるものと思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク