Apple、Apple Watch向けに「watchOS 3.2.2」を正式にリリース – 問題の修正やバグの改善がメイン

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、Appleは、iPhone/iPad向けに「iOS 10.3.2」を、Mac向けに「macOS Sierra 10.12.5」をリリースしていますが、同時にApple Watch向けに「watchOS 3.2.2」も正式にリリースしています。

「watchOS 3.2.2」でのアップデート内容には、問題の改善およびバグの修正が含まれているものの、特に大きな変更点などはないようです。

なお、アップデートは「iPhone」の「Apple Watch」アプリから行うことが可能で、アップデートを行うには下記の条件を満たしている必要があります。

・「Apple Watch」が充電器に載せてあり、50%以上充電されている。
・「iPhone」がWi-Fiに接続されている。
・「iPhone」が「Apple Watch」の通信範囲内に入っている。

アップデート内容は地味ですが、Apple Watchを快適に使うためには重要なアップデートなので、時間のある時にでもアップデートしておくことをオススメします。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク