「watchOS 3.2」では「シアターモード」が利用可能に!? – Appleがリリースノートを公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、Appleは、開発者向けに「iOS 10.3 beta」「tvOS 10.2 beta」「macOS Sierra 10.12.4 beta」をリリースしましたが、MacRumorsによると、Appleは同時に「watchOS」の次期バージョンである「watchOS 3.2」のリリースノートを公開しています。

スポンサーリンク

「シアターモード」などの新機能が追加

「watchOS 3.2」では、新機能として「シアターモード」が搭載されるようで、同機能は設定をオンにすることで通知音や、手首を傾けてのスリープ解除がオフになりますが、振動による通知はオンになったままなので、ディスプレイをタップするか、デジタルクラウンを押すことで通知を確認することは出来るとのこと。

この「シアターモード」は、その名の通り映画館やコンサート会場で音を出したり、スリープが解除されて迷惑にならないようにするための機能で、開発者向けにリリースされる「watchOS 3.2 beta」から利用可能になるとみられています。

なお、同機能は元々「iOS 10.3」に搭載されるとみられていましたが、実際は「Apple Watch」用に開発が進んでいたようで、先日リリースされた「watchOS 3.1.3」の内部には既に組み込まれているようです。

また、その他の「watchOS 3.2」には「iOS 10」でリリースされた「Siriキット」の追加や、「WatchKit Framework Enhancements」と「AVAudioPlayer API」の追加なども含まれているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク