Apple、シアターモードが利用可能になるなどした「watchOS 3.2」を正式にリリース!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、新たにシアターモードが利用可能になるなどした「watchOS 3.2」を正式にリリースしています。

スポンサーリンク

「watchOS 3.2」のリリースノート

「watchOS 3.2」でのアップデート内容は下記の通りで、映画館やコンサート会場で音を出したり、スリープが解除されて迷惑にならないようにするための機能「シアターモード」などが追加されています。

スポンサーリンク

アップデート内容

・SiriはApp Storeで入手できるAppで動くようになり、ワークアウトの開始、メッセージの送信、支払いの実行、配車サービスの予約等に対応
・”シアターモード”は消音モードをオンにし、手首を上げても明るくならず、画面をタップするまで暗くしたままにすることが可能
・“走り書き”がフランス語、スペイン語、イタリア語に対応
・ミュージックプレイリストの動悸状況をiPhone上のApple Watch Appに表示することに対応

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧下さい:https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

なお、アップデートは「iPhone」の「Apple Watch」アプリから行うことが可能で、アップデートを行うには下記の条件を満たしている必要があります。

・「Apple Watch」が充電器に載せてあり、50%以上充電されている。
・「iPhone」がWi-Fiに接続されている。
・「iPhone」が「Apple Watch」の通信範囲内に入っている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク