Apple、Windows Storeで「iTunes」を提供へ – 2017年末までにはリリース予定

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、Microsoftが開発者向けに開催しているイベント「Build 2017」で、Windows Storeで「iTunes」を提供するためにAppleとの協議を進めていることを明らかにしました。

SPONSORED LINK

2017年末までにWindows Storeに「iTunes」を追加へ

現在、Windowsでは専用のWindows Storeがあるにも関わらず、iTunesを使うためにはAppleの公式サイトからダウンロードしてインストールする必要があります。

また、Windows Storeはアプリをリリースするためのシステム要件の要求が厳しく、それでいて利用人数が圧倒的に少ないことから「iTunes」だけでなく「Google Chrome」などのアプリも未だに提供されていません。

しかし、Windows Storeでは「iTunes」や「Google Chrome」などが検索されることが多く、ユーザーが提供開始を待ち望んでいることは明らか。実際に「iTunes」がWindows Storeでリリースされれば少しは便利になり、同時にWindows Storeを利用するユーザーも増えるのではないでしょうか。

今回の発表に伴い、Windowsの公式Twitterアカウントでも「iTunes」がWindows Storeで提供予定であることが発表。投稿されたツイートによれば今年の終わりまでにはリリースされる予定となっています。

なお、Microsoftは、昨日、iOS/macOS/watchOS/Android向けアプリを開発するためのクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin Studio」をベースに独自開発されたコードエディター「Visual Studio for Mac」を正式にリリースしています。

[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP